ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

〈ウタ娘プレミアムライブ〉DPG、大森&アイドル軍団と共にブラピ軍を粉砕―OTOTOY最速レポ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月23日(火祝)、毎週金曜日テレ玉にて26:00から放送されている「ウタ娘」のイベントが東京・ラフォーレミュージアム六本木で開催された。

朝からスタートしたこのイベントは2部構成になっており、2部ではプレミアムライヴに加えスペシャル企画として〈DPGvsブラックDPGアイドルチームバトル〉がおこなわれ、ブラックDPGとDPGがそれぞれアイドルを自軍に従えて激突した。

青山☆聖ハチャメチャハイスクールのライヴが終わると、リングアナを務めるケンドー・リリコがリングイン。放送席には実況・清野茂樹アナ、解説は新婚ホヤホヤの劔樹人がスタンバイした。第1試合は「拝みロープ渡り対決」。説明VTRでみちのくプロレスの新崎人生がグレートムタを相手に拝みロープ渡りを披露する映像が流れる。まずはプラニメの2人、カミヤサキがアニメ「キルラキル」の纏流子、ミズタマリが満艦飾マコのコスプレで入場。続いてメチャハイが入場。すぐにリング上はマイク合戦となり収集がつかない! 試合はカミヤサキ対坂木ひとみで対決開始。危険も顧みずトップロープに登りメンバーに手を繋がれてリングを一周する2人。約1周したところでカミヤサキがロープから転落! 長さでは勝ったものの、ルールでは先に落ちた方が負けとのことで、メチャハイに軍配が上がった。

続いてゆるめるモ! とBELLRING少女ハートが続けてリング上からライヴを披露。ベルハーのライヴ中、途中から完全に音が消えてしまう。すかさず「チャラララララ~」といった具合に口で演奏を再現しながらメンバーたちはアカペラで歌唱。いったいどうしたのか? 機材トラブル? と場内はざわつきつつも、いつの間にかリングを囲むファンとの不思議な一体感が生まれているようだ。結局最後までアカペラのまま数曲を歌ってリングを後にする。ここでイベント運営スタッフより「すいません、先程場内で危険行為があったため、一旦ステージを止めさせて頂いております。準備が整い次第再開させて頂きます」というアナウンスが。

その後しばらくするとイベント再開。対抗戦第2試合に突入して「大喜利デスマッチ」としてDPG軍のベルハー、ブラピ軍のゆるめるモ!が対決。再び両軍がリングに揃い踏みすると激しくユルくマイク合戦。審査員はそれぞれのマネージャー田中氏、たけ氏が務めることに。1つ目のお題は「May.Jもありのままではいられない。その理由とは!?」に対し、ゆるめるモ! から「裸だと捕まるから」、2題目の「ベルハーが次作でセーラー服を脱いだ! その理由とは?」には、ベルハーから「2年着続けて羽根が無くなったから」など、それぞれ自由な解答が飛び交う。さらに3題目の「ゆるめるモ! の斬新な新作タイトルは?」というお題に対しベルハー側から「司会者さんの似顔絵を描いたのでポイントを全部下さい!」と問題を無視して清野アナの似顔絵を披露するなど、ますます自由空間に。ゆるめるモ!は「ザ・うんち」とイラストを出して「今回のアルバムの裏ジャケで出来なかったやつ」とDEVOの“うんこ帽”について説明。ここでコーナーはタイムアップ。

終了するとすぐさま寺嶋由芙がステージへ。リング上でも普段通りの優雅でしなやかな舞いで魅せながら2ndシングル「カンパニュラの憂鬱」、岡村靖幸の「だいすき」などを歌い爽やかなステージを展開した。イベントは何やらアクシデントがあったらしく、ざわついた雰囲気を醸し出しつつ進行。そこへ大森靖子が会場入り口ドアを開けて「ミッドナイト清純異性交遊」を歌いながら登場、リングのエプロン・サイドに。メジャー・デビュー・シングル「きゅるきゅる」を歌うと、盟友・大内ライダーがリングイン! 2人で振りを合せながら歌い踊る。リングからステージへ移動するとマイク・スタンドで歌うが、後半にはリングに上がり生声で「デートはやめよう」。マイクを通さない分、ドアの向こうのアイドルたちの歌声が大きく聴こえてかぶってくるのだが、誰もが大森の歌声に集中して耳を傾けている。最後はリングを降り、本部席前に陣取り自主的に座った観客に囲まれながら「君と映画」を歌い大喝采を浴びながら去って行った。

続いてスペシャル・リングアナ、桃知みなみがリングイン。スペシャル・タッグマッチの開始をアナウンスすると、DPGの成田大致、大内ライダー、ステファニー・アユミが登場するなりデビュー曲「リングの魔物」をリング上から歌う。間奏明けのソロ・ボーカル・パートでは成田が客席にダイブ! クラウドサーフしながら歌っているとその間に紫雷美央とマスクドDPGが入場。マスクドDPGはいっちー博士の手により生み出された“汎用人型決戦兵器”。95万パワー相当の強度を誇り、黄金のマスクが燦然と輝く愛と友情の戦士だ。ここラフォーレミュージアム六本木のリングで初お披露目となったが、活躍が期待できそうな精悍な佇まいに注目が集まった。

続いてブラピが登場、「ダダダダダン」をパフォーマンス。成田に負けじとリリコも客席に飛び込んで熱唱! ブラピ側が試合をおこなうのは松本都と機械獣。さらに助っ人として寺嶋由芙が「ブラピの応援にやってまいりました!」と再び登場してセコンドにつく。先発は機械獣とマスクドDPGから始まり、すぐに紫雷と松本にスイッチ。いきなり得意のタランチュラを見せて観客にアピールする紫雷。ブラピ側も試合に介入したノノコと松本の2人がかりで紫雷にチョップ攻撃を見せるなど悪の連携を見せるものの、次第に試合は一進一退の攻防に。マスクドDPGが機械獣にコブラツイストで捕まりピンチに。すると「一生道重」と背中に書かれたピンクの特攻服を着た大森がリングイン。機械獣のマスクに手をかける。実況席の清野アナ&劔が「これは夏の魔物の再現ですか!?」と色めき立つものの、キスをすると見せかけ、大森は強烈なヘッドバッド一閃! そして「アイドルの中のアイドルたち、出てこいや~!」と叫ぶと、ゆるめるモ! プラニメ、ベルハー、メチャハイらアイドルたちが次々とリングイン。DPG軍が松本、機械獣にDPGスペシャルを決めるとたまらずギブアップ。その後対抗戦の結果が発表され、見事DPGが勝利!。

エンディングでは「SUPER J-CUP」よろしく、リング上の全員で記念撮影。観客が一気にリングサイトに詰めかけた。最後は新生DPGのMC担当、大内ライダーが「マスクドDPG、俺らと一緒にどんどん成長していこう! 今日は色んなトラブルもあったりなかったりしましたが、ありがとうございました!」と締めのマイク。〈夏の魔物〉にも負けず劣らずの豪華なカオスを生み出したイベントの幕を閉じた。波に乗るDPGは9月26日(金)に東京キネマ倶楽部にて〈DPGハウスショー7〜夏の魔物 天の巻〜〉を開催。こちらはAnalogfish やGEZAN、LUI♢FRONTiC♦松隈JAPANらを迎えておこなわれる。ウタ娘からわずか3日後ということで、こちらも注目のイベントになりそうだ。(岡本貴之)

〈ウタ娘プレミアムライブ〉※第2部
スペシャル企画~アイドル宿命の対決~
「ウタ娘withブラックDPGvsDPG」
2014年9月23日(火祝)会場:ラフォーレミュージアム六本木
出演:DPG / ブラックDPG / 青山☆聖ハチャメチャハイスクール / 大森靖子 / 寺嶋由芙 / プラニメ / BELLRING少女ハート / ゆるめるモ! / 紫雷美央

★撮影:二宮ユーキ


















カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP