体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Deadmau5の最新タッチパネル型DJコントローラーが近未来的すぎる

Deadmau5の最新タッチパネル型DJコントローラーが近未来的すぎる

posted by Jay Kogami

Deadmau5の最新タッチパネル型DJコントローラーが近未来的すぎて斬新

これが未来のDJか!

エレクトロニック・ミュージック・シーンの第一人者であり、物議を醸す発言で常に話題を集めるカナダ人トラックメイカーDeadmau5(デッドマウス)ことジョエル・ジマーマン (Joel Zimmerman)が新しい未来的なDJツールをチラ見せしています。最先端のテクノロジーに対して常にオープンなDeadmau5を象徴する、斬新なツールがネットで話題になっていますよ。

https://twitter.com/deadmau5
http://live.deadmau5.com/

Deadmau5はライブ時には巨大なキューブ型ステージを組み立ててプレイすることで知ることで知られています。そのキューブの中に置かれた新しいタッチスクリーン型DJソフトウェアをリアルタイムでプレイする様子がInstagramに投稿されました。

こちらの動画はベルギーで開催された大型野外フェス「Pukkelpop 2014」で本人が撮影したセットアップの様子。マイクロソフトのロゴが入ったタッチスクリーンには、3つの光るキューブが回転して、指で側面をタッチしてビートやドラムサウンドをコントロールしている様子。さらにその下には上下に指で操作するスライダーか、タップして切り替えるボタンのようなものも表示されています。

この動画だけだと短くて何をどう操作するのかも一切謎のまま。でもアプリでもなく、「トロン」みたいに今まで見たこともない未来的なインターフェースがカッコイイ。

これは恐らくDeadmau5とマイクロソフトが協力して進めているDJプロジェクトの進化系。マイクロソフトが2013年に買収したタッチインターフェース専門のスタートアップ「Perceptive Pixel」のテクノロジーを応用したDJコントローラーと考えられます。

実はDeadmau5は昨年10月にマイクロソフトとのコラボレーションで、指でノブやパッドをウネウネと操作する、55インチのタッチパネル型DJコントローラーの初期版を動画で紹介していました。今回のInstagramから推測すると、コントローラーはライブ環境ですでに利用が可能になるほど、開発が進んでいる様子。

一体どんなライブになるのか、Deadmau5はこれまで何も語っていません。無言を貫かれるほど、どんなライブになるのか、一度生で見たくなってきますね。

Deadmau5の新アルバム「while(1

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。