ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

X JAPAN、ファン待望のMadison Square Garden公演をライブ・ビューイング決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

X JAPANが10月11日(土) アメリカ・ニューヨークのMadison Square Gardenで行なう公演の模様を全国各地の映画館および海外にライブ・ビューイングを実施することが決定した。

このライブ・ビューイングは日本のみならず、台湾、香港、メキシコへの中継も決まり、さらにフランス、ペルー、コロンビアの他にも欧州や南米など世界各国の劇場から続々開催希望の声が寄せられている。

X JAPANはジャンル国境を越えて日本にとどまらず、世界中で認められ、爆発的なパフォーマンスで世界を魅了してきた。1982年に結成してから活動の場をひろげ、1992年にアメリカ初上陸を果たした。1997年にToshiが脱退。1998年ギタリストHideの死去はバンドに大きなショックを与え、2007年、ToshiとYoshikiは再び結束したが、2011年、初期メンバーのベーシストTaijiが亡くなり、X JAPANは再び深い悲しみを経験する。様々な困難と苦境を乗り越え、2009年~2011年に世界16カ国で開催されたWORLD TOURでは、各地の待ちわびるファンの熱狂的な歓迎を受け大盛況に終え、2012年の米Golden Gods AwardsでX JAPANはベストインターナショナル・ロックバンドに選ばれた。

そしてついに2014年10月11日、念願のMadison Square Garden公演を開催。このライブは彼らの夢であり、そして全世界の音楽史に残る伝説のライブとなることは間違いないだろう。

さらにファンにとって嬉しい情報として、1989年のメジャーデビューアルバム『BLUE BLOOD』で撮影したアーティスト写真と全く同じ構図で、現在のメンバーで今年6月に撮影した写真が公開された。この写真は横浜アリーナ公演、Madison Square Garden公演のパンフレットに掲載されることも決定した。

公演は テレビ中継、インターネット配信の予定はなく、リアルタイムでこのライブを体験できるのはライブ・ビューイングだけとなる。国境を越え、Madison Square Gardenで魅せるパフォーマンスは必見! 新たな伝説を刻むX JAPAN の奇跡の瞬間を見逃すな!

「X JAPAN WORLD TOUR 2014 at Madison Square Garden LIVE VIEWING」
日時:10月12日(日) AM 9:00開演
会場:全国の映画館 
※開場時間は映画館によって異なります
料金:¥4,200(全席指定/税込)  
チケット:
■YOSHIKI VISA CARD&Yoshikitty MASTER CARDカード会員受付 
9月24日(水) 18:00 ~ 9月28日(日) 23:59
■各オフィシャルファンクラブ受付】 
9月25日(木)12:00~9月28日(日)23:59
※YOSHIKI VISA CARD、Yoshikity MASTER CARD、各ファンクラブのチケット発売詳細に関しては各ファンクラブのHPをご確認ください。
プレオーダー:
9月26日(金) 12:00 ~ 9月28日(日) 23:59
■イープラス
http://eplus.jp/xjapanmsg-lv/(PC、モバイル共通)

※通常の公演と同様に、お客様に楽しんでいただく上映回です。場合によっては、拍手や声援などが起こる場合もございますので、ご理解の上、ご購入ください。(ただし危険行為は禁止しております)
※3歳以上有料/3歳未満で座席が必要な場合は有料となります。
※映画館内は、カメラや携帯などのいかなる機材においても録音/録画/撮影を禁止しております。
このような行為が行われた場合は、撮影された内容を削除の上ご退場いただきますので、予めご了承ください。
※配信中継イベントの為、映像・音声の乱れが生じる場合がございます。予めご了承ください。
※公演が予定終了時間を大幅に超える場合、公演途中でも上映を終了する場合がございます。予めご了承ください。

■X JAPAN ライブ・ビューイング情報サイト 
http://liveviewing.jp/xjapan/

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
X JAPAN オフィシャルHP
X JAPANの10月1日(水)横浜アリーナ公演、全国各地の映画館で急遽ライブ・ビューイング決定!

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP