体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

テレビ番組で音楽が売れる時代は終わったのか?

テレビ番組で音楽が売れる時代は終わったのか?

posted by Jay Kogami

テレビ番組で音楽が売れる時代は終わったのか?

日本では夏や冬場にかけて多くの音楽特番がテレビで今でも放送されていることを見かけます。多くのアーティストが出演していますが、これらの番組の情報を見ていて少し個人的に不思議に思ったことがあります。それは、番組出演でアーティストにどんな影響があるのかということ。もっと具体的にいうと音楽の売上に影響が出るのかということに興味がわきました。

テレビ出演するアーティストの多くは、新曲や新アルバムの収録曲を披露するので、番組がプロモーションとして存在するのであれば、オンエア終了後に売上げにプラスの影響が出てくるはず。そう思っていた時にテレビ出演することのヒントになるかもしれない海外のテレビ番組(特番)とTwitterのデータを見つけたのでまとめてみました。

少し前の音楽イベントになりますが、8月24日にロサンゼルスでMTV主催の一大音楽イベント「MTV Video Music Awards」(VMA)が開催されました。VMAは近年アメリカでのテレビ中継の域を超えて、SNSによるオンエア中の爆発的なバズによって世界中が注目する音楽イベントへ進化してきたことで若者やメディアから毎年注目を集めるイベントへ進化してきました。

今年のVMAに出演したアーティストのアルバムとEPが、テレビ放送後の売上が41%アップしたことが、ニールセンサウンドスキャンの調べで分かりました。昨年のオンエア後のVMA関連の売上比率は前年比37%でしたので、アワード番組がもたらす売上へのプラスの影響は今年も継続していると見て取れます。

オンエアされた24日後、8月25〜31日週のVMA関連の売上は、アルバムとトラックを合計して116万枚でした。18〜24日週はアルバム、トラック合計が82万2000枚でした。

アルバム売上で最も動いたのは「Michael Jackson Video Vanguard Award」を夫のジェイZ(@S_C_)と娘のBlue Ivyから受け取ったビヨンセで、「Beyonce」は181%アップし1万6000ユニットを売上げ、アメリカのiTunesチャートでは7位にまて上昇しました。

トラック売上の場合では、ジェシー・J、アリアナ・グランデ、ニッキー・ミナージュの「Bang Bang」はトラックダウンロードが前週から54%アップして24万4000ユニット、ビヨンセが披露したメドレーの楽曲は155%アップして12万6000ユニットを記録したことがBillboardの調べで分かっています。

またマルーン5はVMA初登場したことによって、最新アルバム「V」へのプリオーダーが166%上昇する効果がありました。

さらにこれもVMA初登場のサム・スミスはヒットシングル「Stay With Me」のパフォーマンス後、同曲のiTunes売上は90%アップ、彼のアルバム「In the Lonely Hour」は95%売上げがアップする結果となりました。

これらの数値から考えられるのは、テレビ番組でのパフォーマンスや出演することが、音楽売上の部分でもインパクトを残せるということです。

しかし同時に興味深いことに、VMAのテレビの視聴者数は昨年の1,010万人から大きく減少し、830万人に留まったとも発表されています。にも関わらず、VMAでは音楽売上げという面ではプラスの影響を残しています。では何がこのプラスの影響を生み出しているのか? 考えられるのは、VMAとソーシャルメディアの連携で、SNSのパワーが話題を作っていると言っても過言ではないでしょう。

TV Ratings: VMAs Take a Small Hit, Pull 8.3 Million Viewers – Hollywood Reporter

1 2 3次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会