体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

仔鹿を助ける少年の写真にネット上が感動の嵐 「かっこよすぎる」「マネできない」

仔鹿を助ける少年の写真にネット上が感動の嵐 「かっこよすぎる」「マネできない」

なにかに懸命に取り組む姿というのは、世の中の人の心を打つもの。バングラデシュで暮らす少年のある姿を収めた画像が、現在、ネット上で話題となっている。

詳細な点については不明だが、この画像、バングラデシュの少年が、川で溺れている仔鹿を救出した際のものだという。少年は、途中、自らが川の中に飲み込まれそうになりながらも、懸命になって仔鹿を助けようとし、濁流の中で悪戦苦闘の末、見事、成功させた。この少年の姿に、

「かっこよすぎる!」
「美しすぎる…」
「日本じゃ写メ撮るだけで助けないんだろうな…」
「俺、泳げないから尊敬する」
「若いのにすげえよな…」
「惚れてまうわ…」
「俺、ちょっくらバングラ行ってくるわ」

…と、ネット上からは「イケメンすぎるやろ」「自分じゃ真似できない」といった賞賛の声が。

一歩間違えば、自らの命にもかかわることだけに、この救出劇を巡っては賛否両論あるとは思うが、まずは仔鹿と少年の命が無事であったことを喜び、彼の勇気を讃えたいところだ。

文・藤本秀太Permalink | Email this | Comments

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。