ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

手軽に本格的な“食べるスープ”が味わえる!無印良品から「素材を生かしたスープ」6アイテムが発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

無印良品から「食事として食べるスープ」をめざした“素材を生かしたスープ”6アイテムが発売された。

今回、味やラインナップ、食べやすい容量などが見直された“素材を生かしたスープ”。プロの知恵を生かし、隠し味に昆布だしを使うことで、素材の風味がいっそう引き立つ仕上がりになっている。

特におすすめは、フランスの伝統的なスープをお手本にした2種のスープ。蟹本来の風味と旨みを生かし、トマトと香味野菜の風味を加え、生クリームで仕あげた濃厚な味わいの「素材を生かしたスープ 蟹のビスク」(350円)、そしてポルチーニ茸の芳醇な香りを生かし、クリーミーで濃厚な味が味わえる「素材を生かしたスープ ポルチーニクリーム」(350円)。
   
そのほかのスープも絶品ぞろい。イタリアの家庭料理をお手本に、じっくり煮だした野菜の甘みと旨みを生かし、チーズのコクを加えたトマトスープ「素材を生かしたスープ ミネストローネ」(300円)。そしてアメリカの家庭料理をお手本に、あさりの旨みとクリームのコクを生かした、濃厚で食べごたえのある「素材を生かしたスープ クラムチャウダー」(300円)。
   
唐辛子の辛みとレモングラスの爽やかな香り、ココナッツミルクのコクを生かした、タイの定番スープ「素材を生かしたスープ トムヤムクン」(350円)、そして豚肉や筍、きくらげを具材に使い、酸味と辛み・香味をきかせて仕あげた、中国四川のとろみのあるスープ「素材を生かしたスープ 酸辣湯」(300円)の計6種類となる。

そのままでも味わえるし、ご飯やパン、パスタとあわせても美味しく食べられるスープ。手軽に本格的なスープを味わおう! 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP