ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

遺言の書き方 自筆、日付、押印が重要 「○月吉日」はダメ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 遺された家族のためにと思って遺言を書いたものの、不備があり相続トラブルを招いてしまうというケースも少なくないという。そこで武村行政書士事務所の武村裕氏に、遺言書の書き方を聞いた。

 まず、遺言書には主に、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3つの種類がある。公正証書遺言と秘密証書遺言は費用がかかることもあり、自筆証書遺言が一般的だ。

「紙と印鑑があれば誰でも書けますが、ひとつでも不備があると無効になってしまいます。注意点としては【1】ワープロやパソコンではなく、自分で書く【2】日付・名前を入れる【3】押印【4】内容に矛盾、曖昧な点がないようにする、こと」(武村氏)

【2】については、西暦でも元号でも○年○月○日と書く。例えば9月吉日といった日付が特定されない書き方は無効となる。名前は芸名やペンネームでも可能だが、本名のほうがベター。

【3】については、普段使っている印鑑であれば実印でも認印でもOK。普段使っていない印鑑だとトラブルになりかねないという。

※女性セブン2014年10月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「遺言でモメたくなければ公正証書遺言が良い」と弁護士
遺言トラブル回避には専門家立会いの下で公正証書遺言を作れ
遺言は何回書いても大丈夫 最新日付のものが自動的に有効に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP