ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony Mobile、Android Wearスマートウォッチ「SmartWatch 3 SWR50」と新型リストバンド型活動量計「SmartBand Talk SRW30」の国内発売を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobile は 9 月 24 日、同社が 9 月上旬の IFA 2014 イベントで発表した Android Wear スマートウォッチ「SmartWatch 3 SWR50」とリストバンド型活動量計「SmartBand Talk SWR30」の国内発売を発表しました。国内ではXperia Store、Sonyストア、家電量販店、KDDI で発売されます。KDDI 以外では 11 月下旬に発売される予定です。価格はオープンなのですが、SmartWatch 3 は 25,000 円前後、SmartBand Talk は 18,000円前後と言われています。SmartWatch 3 は、Google のウェアラブルデバイス用 OS 「Android Wear」を搭載した腕時計型デバイス。Android スマートフォンやタブレットの通知を閲覧したり、アプリを操作することのほか、Google Now による音声コマンドを実行すること、内蔵ストレージに音楽ファイルを保存して Bluetooth イヤホン経由で視聴すること、GPS によるフィットネスデータの所得などを行うことが可能です。本体は IP68 の防水・防塵に対応しており、1.6 インチ 320×320 ピクセルの半透過型 LCD を搭載。Snapdragon 400 1.2GHz クアッドコアプロセッサ、512MB RAM、4GB ROM、センサー(加速度 / ジャイロ / コンパス / ライト / 振動)、GPS にも対応しています。ワイヤレス通信機能は Wi-Fi、Bluetooth v4.0、NFC に対応。バッテリー容量は 420mAh で、通常使用だと 2 日は持つとされています。充電は Micro USB 端子経由で行います。

SmartBand Talkは日々の行動や睡眠を記録するリストバンド型活動量計。基本的には SmartBand SWR10 のようにアクティビティトラッカーとして利用するのですが、本体に 1.4 インチ 296×128 ピクセルの E Ink ディスプレイ、マイク、スピーカーを搭載しており、腕時計やスマートフォンの子機として(HD Voice サポート)利用できるほか、アクティビティや通知の閲覧、スマートフォンに対して音声コマンドを実行することもできます。SmartBand Talk は Sony Mobile の Lifelog アプリと連携し、アクティビティを記録します。事前にあるフレーズを登録しておくと、そのフレーズを話すだけで Life Bookmark を作成することが可能。アクティビティ自体も加速度センサーと高度センサーを組み合わせることで、SmartBand よりも精度が高いとされています。SmartBand Talk も IP68 の防水・防塵に対応しています。また、本体にはファンクションキーのほか、ボリュームキーも搭載しています。バッテリー容量は 65mAh で、スタンバイ時間は 3 日、通話時間は 1 時間です。Source : Sony Mobile


(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、新型スマートウォッチ「Gear S」を国内発売
KDDI、LTE-AdvancedとWiMAX2+に対応した10.5インチSuper AMOLEDタブレット「Galaxy Tab S SCT21」を発表
KDDI、側面にも表示領域を備えた5.6インチWQHDスマートフォン「Galaxy Note Edge SCL24」を発表、10月下旬に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP