ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、新型スマートウォッチ「Gear S」を国内発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung Japan は 9 月 24 日、音声通話・データ通信機能と 2.0 インチの大型ディスプレイを搭載した新型スマートウォッチ「Samsung Gear S」の国内発売を発表しました。現時点では、KDDI 経由で販売されることしか明らかになっていません。Gear S と同時にネックレス型 Bluetooth イヤホン「Gear Circle」も発売されます。発売日も発表されていませんが、海外と同じく 10 月に発売されると思います。Gear S は Samsung の Tizen OS をベースに開発された Gear 2 シリーズの後継機種。従来の Gear シリーズのようにスマートフォンと連携し、スマートフォンの通話やSMS、アプリの通知を転送したり、Gear アプリを利用することはもちろん可能。新たに搭載されたセルラー機能により、単独でも音声通話とデータ通信が可能で、Wi-Fi b/g/n にも対応しており、Wi-Fi を介してインターネットに接続することもできます。また、GPS と GLONASS の受信モジュールも追加されて現在地も取得できるようになりました。Gear S は Nike+ Running アプリをプリインストールしており、GPS ベースのデータ取得も可能です。Gear S の主要スペックは、2.0 インチ 360 × 480 ピクセルの Curved Super AMOLED ディスプレイ、1.0GHz デュアルコアプロセッサ、512MB RAM / 4GB ROM、300mAh バッテリーを搭載。ワイヤレス通信機能は Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.1、GSM/WCDMA に対応。センサーは加速度 / ジャイロ / コンパス / 心拍 / ライト / UV / 気圧を搭載。紫外線(UV)センサーは S Health アプリと連動して、紫外線レベルを表示します。気圧センサーは天気の予測というよりも、高度計としての用途が中心になると思います。筐体サイズは 39.8 x 58.3 x 12.5mm 。IP67 の防水・防塵に対応しています。Source : Samsung JapanKDDI


(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile、Android Wearスマートウォッチ「SmartWatch 3 SWR50」と新型リストバンド型活動量計「SmartBand Talk SRW30」の国内発売を発表
KDDI、LTE-AdvancedとWiMAX2+に対応した10.5インチSuper AMOLEDタブレット「Galaxy Tab S SCT21」を発表
KDDI、側面にも表示領域を備えた5.6インチWQHDスマートフォン「Galaxy Note Edge SCL24」を発表、10月下旬に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP