ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

チャラン・ポ・ランタン、6ヵ月連続ライヴ企画ファイナル公演大成功

DATE:
  • ガジェット通信を≫

サーカスとゴールデン街が生んだ、鮮やかな毒を放つトンデモ姉妹、姉・アコーディオン“小春”と、妹・ヴォーカル“もも”からなる“チャラン・ポ・ランタン”。今年2月より行ってきた6ヵ月連続ライヴ企画が7月7日七夕の東京キネマ倶楽部ワンマン公演にてファイナルを迎えた。

全公演満員のこの6ヶ月を締めくくるこのファイナル公演も同じくキネマ倶楽部で5月5日に開催したワンマンライヴより更に集客増やし超満員。

ファイナル公演はチャランポの箱バンともいえる“愉快なカンカンバルカン“でのライヴ編成。のっけからスピード感あふれるステージを展開し、集まった500人を超えるチャランポラー達(チャランポファンのこと)を熱狂させた。

ヴォーカル・ももは七夕にちなみ、画家である母親特製の“織姫“コスプレで空を舞いながら(実際には肩車)ステージに登場。時には激情的に、時にはチャーミングに、”演じる唄い手”としての成長をうかがわせるステージングを披露した。アコーディオン・小春も“愉快なカンカンバルカン“との演奏を楽しむ一方、2人だけのステージでは抜群のテクニックを披露した。そして小春の愛のこもった毒舌MCも健在。ももは3回のお色直し(同じく母親特製の衣装)をするなど、演奏とヴィジュアル、ステージング全てに彼女たちの濃い世界観の反映されたショウとなった。

またライヴの終盤にはチャランポ初となる青山円形劇場でのライヴが発表になった。この公演はチャランポ2人だけのセットで、そしてさらに2人の憧れのガレージシャンソンショー(チャランポと同様、唄とアコーディオンからなるユニット。2006年から活動を休止していたが、今年約7年ぶりの復活を果たす。)との共演が決定。ももは小学生の頃からライヴに通いアイドル同然のガレシャンとの共演の発表。実はももにだけはこの譲歩は秘密にされており、発表時にももが驚きと共に涙を見せるなど、チャランポにとって大きな意味を持つライヴとなりそうだ。

(photo by Eisuke Asaoka)

Information

ライブ情報
チャラン・ポ・ランタンpresents「つがいの悲喜劇」

11月2日(土)
チャラン・ポ・ランタンpresents「たがいの悲喜劇」
11月3日(日)
【出演】チャラン・ポ・ランタン  
【ゲスト】ガレージシャンソンショー
【会場】青山円形劇場
【時間】2日 OPEN/START 17:30/18:00
3日 OPEN/START 16:30/17:00
イベント詳細情報:http://charan-po-rantan.o0o0.jp/

関連リンク

チャラン・ポ・ランタン オフィシャルHPhttp://www.charanporantan.net/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP