体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「じぇじぇじぇ」の次は?流行ワードを使った熊本県警の交通標語に「またやると思ってた」

「じぇじぇじぇ」の次は?流行ワードを使った熊本県警の交通標語に「またやると思ってた」

とかく、世の中に存在する広告などの類は、流行に目ざとく反応し、キャッチーな内容に仕上げることがほとんど。何かにつけておカタいイメージのつきまとう交通標語や警告看板も例外ではない。

あるドライバーによってtwitter上に投稿されたこの画像は、熊本県警が道路上の電光パネルに流したもの。近頃話題の「あのフレーズ」を用いた「最新作」だ。しかし、これを見た人々からは意外と冷ややかなリアクションが。

「熊本ですか…なんかすいません」
「だ、だいじょうぶなんだろうか…」
「そのままお返ししますwww」
「どうしてこうなった状態」
「これはやってしまいましたなぁ…」
「以前もじぇじぇじぇ!や今でしょ!、倍返しを熊本県警は使ってましたから…またやると思ってました」

ちなみに、一部のユーザーが指摘するように、かねてより熊本県警はこうした「トレンド」に目ざといようで、「今でしょ!」や「じぇじぇじぇ!」などの流行ワードを使用した例があるそうで、今回もその流れでの作品だと考えられるが…一体、次回はどんなフレーズが登場するのか、いささか気になるところだ。

文・葛西敦規

■参照リンク
画像参照元
https://twitter.com/nagi_evo/status/513707928612663296/photo/1 

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy