ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プレーオフはほぼ絶望的……でも、靭帯部分断裂からマーくんが帰ってきた!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現地時間9月21日、ヤンキースの田中将大が本拠地でのブルージェイズ戦で復帰登板を果たし、5回1/3を5安打1失点に抑えて、見事、13勝目を挙げた。

 75日ぶりにメジャーのマウンドに帰ってきた田中。現在の状況について、『週刊野球太郎』編集部に聞いてみた。

     *   *   *

◎「トミー・ジョン」は回避し、PRP皮膚再生療法を選択

 現地時間7月8日のインディアンス戦後に、右ヒジの痛みを訴えた田中将大。MRI検査の結果、右ヒジ靱帯部分断裂と診断され、その状態次第ではトミー・ジョン手術を受ける可能性もあった。トミー・ジョン手術とは、フランク・ジョーブ博士が考案した、傷ついたり、切れたりしたヒジの靭帯を切除し、他の部位から正常な腱を移植する手術のことで、野球界ではよく行われる手術となっている。

 しかし、田中は部分断裂はしているものの手術はせず、PRP皮膚再生療法という治療方法を選択した。簡単にいうと、血小板を患部に注射して、損傷した靱帯の再生を促していく方法で、ゴルフのタイガー・ウッズやNBAのコービー・ブライアント、さらには現在、楽天に所属する斎藤隆も、このPRP皮膚再生療法を受けて故障から復帰を果たしているという。

◎トミー・ジョン手術でスピードは上がると言われるものの……

 健康な靱帯を移植し、靱帯が強化され、さらに、リハビリ時にじっくりトレーニングを行うことで、「手術前よりもストレートのスピードが増した」という話もある。年々、手術の成功率は上がっていることもあり、アメリカの若手選手は進んでトミー・ジョン手術を受けるようになってきたという。

 しかし、トミー・ジョン手術を受けた場合、復帰までの期間は約1年かかり、自らの身体にメスを入れる精神的恐怖と、長いリハビリ期間に耐えていかなければならない。肉体的にも精神的にも負荷がかかる手術なのだ。

 一方のPRP皮膚再生療法は、うまくいけば早期復帰が可能で、自らの身体にメスを入れることはない。もちろん、患部の状態が思うように良くならない可能性もあり、自然治癒で靱帯を完全に修復するには、相当な時間がかかるという。もしも、今季中に復帰できなかった場合は、田中もトミー・ジョン手術を受ける予定だった。

◎次戦は中5日の28日に登板予定

 昨オフ、7年総額1億5500万ドル(約169億円)の大型契約を結んだ田中。復帰まで時間がかかるトミー・ジョン手術を回避して、2カ月半ぶりにメジャーのマウンドに帰ってきたことで、球団もホッと胸をなでおろしているだろう。

 復帰登板では、最速93マイル(約150キロ)を計測するなど、ヒジを含めた体のコンディションは良好だ。しかし、70球で降板したように、ケガ前よりも球数制限は少なく設定されており、登板間隔も中5日あけて、次回は9月27日のレッドソックス戦に先発登板する予定になっている。

 この手術を回避した決断は、ヤンキースにとって、吉と出るか、凶と出るか。そして、田中将大の体にとって、吉と出るか、凶とでるか……。今後の動きも見守っていきたい。

では、プロ野球終盤戦情報に、レッドスター・赤星憲広さんのインタビュー記事を掲載中! そして、兄弟サイトがついにオープン! 1000名のドラフト候補を収録した渾身の選手名鑑です!
 また、甲子園大会だけでなく、地方大会も振り返る雑誌『野球太郎No.011~2014高校野球夏の思い出号』も好評発売中!

※『週刊野球太郎』はauスマートパス、Yahoo!プレミアム、ドコモSPモードに対応、『高校野球&ドラフト候補選手名鑑』はauスマートパスのみ対応しています。

■関連リンク
最近よく聞く「プロ野球志望届」とは
青木宣親の見せた「神がかり的活躍」
地方大会の全データを完全網羅

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP