ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

100均アイテムで復活! 簡単&お手頃な壊れた傘の直し方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近は、大型台風の上陸やゲリラ豪雨など傘が活躍する日が多い。しかし、強烈な雨風に耐えられず、お気に入りの傘が壊れてしまうことも……。でも、捨てるのはちょっと待って! あなたの壊れた傘を簡単に修理できるかもしれない!

修理をマスターして、傘の使い捨てから卒業!

今回ご紹介する傘の修理方法に必要な道具は、修理キットと小さなペンチ、針と糸などすべて100円均一で手に入るもの。実際に筆者所有の傘が壊れてしまったので、修理してみよう。石突きの直し方

傘の先端部分にある「石突き」は、地面に接触する部分でヒビが入りやすい部分。商品によって異なるが、実はこの部分、手で引っ張れば、簡単に抜けるようになっている。抜いたら、修理キットの新しい石突き用パーツと交換しよう。曲がった骨の直し方

強風に煽られるだけで、簡単に曲がってしまう骨部分。ここはペンチを用いて修理しよう。

1.まずは、曲がった骨を伸ばす。この時、力を入れ過ぎてうっかり折らないように、気をつけよう

2.曲がっている部分に修理キットの骨用パーツをはめ込んで、ペンチで出っ張り部分を曲げる

3.骨に固定させたら完了

露先の直し方

傘の生地を骨に固定する「露先」。修理キットの専用パーツを生地に縫い付ければ完成だ。ただし、ビニール傘の場合、かなり縫いづらいので、針でうっかり破いてしまわないように気をつけよう。

細かい作業が苦手な筆者も、1箇所につき、5分もあれば修理することができた。壊れたからといって、諦めるのではなく、ちょっと手間をかければ復活させられる傘。あなたも壊れた傘を捨てる前に、修理に挑戦してみよう!

(ミノシマタカコ+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。