ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

荒川博氏 「打撃の神様と呼ばれた川上さんに王の指導は無理」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 王貞治を世界の本塁打王に育てた荒川博氏(84)は1961年に現役を引退した翌年、31歳の若さで巨人打撃コーチに就任した。毎日オリオンズ(現・ロッテ)での現役時代に榎本喜八(通算2314安打、首位打者2回)を育てた実績から、巨人コーチとして荒川に期待されたのは王貞治を育てることだった。入団3年間でホームランが7本、17本、13本。通算打率は2割4分、三振は245個だった王に出会ったころの思い出を、荒川氏が語った。

 * * *
 これ(王)を榎本のような打者に育ててくれという。しかも本塁打は25本以上打たせろと要求が高かった。当時の巨人の本塁打記録は中島治康さんの31本。この時は「大変な仕事を引き受けてしまった」と思いましたよ。

 ただね、王の指導は打撃の神様と呼ばれた川上(哲治)さんには無理だったんです。

 熱心に教えるんだが、なにせ“打撃の神様”だから自分のバッティングを押し付けてしまう。王の前にも坂崎一彦(浪商)をぶっ壊してしまっていたしね。

 そもそもバッティングは人によって違います。体も違えば性格も違うわけで、まずはこれを把握し、目的に応じて指導しなくてはなりません。

 例えば榎本は典型的な中距離打者タイプでした。彼は川上さんと同じアッパースイングだった。それもバットを振るとヒザに土がつくほどのスイングです。

 そういう打ち方は、ボールがストライクゾーンに入ってくるまで引きつけられるから「ボールが止まって見えた」のでしょう。でも、その打ち方ではヒットは打ててもホームランにはならない。ボールにドライブ回転がかかって、ライナーになってしまいますから。

 ホームランを打つにはダウンスイングが必要。日本刀を振れば分かるが、上から下に振り下ろさないと刀に力は伝わらず、相手は斬れない。バットも同じです。それで王に真剣を持たせ、上から振って紙を切らせる練習をさせたのです。

 当時、青田昇さん(巨人ОB)なんかは「上から打ったら球が下に潜らァ」なんてバカにしていた。でもダウンスイングでないと王は800本もホームランを打てなかったし、王がいなければプロ野球は今のように盛んにならなかったと思う。僕の指導が新しい時代を開いたのだと自負していますよ。

※週刊ポスト2014年10月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「江夏の21球」や「巨人はロッテより弱い」発言の真相描く書
「巨人の選手は東京ドームの本塁打の打ち方を熟知」と専門家
元巨人広澤克実氏「ドームランは都市伝説。原因はボール」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP