ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブログで人気の片腕モモンガ飼育記録 「かわい~」の声続出

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「北海道にしかいないエゾモモンガを見てから、いつか飼いたいなぁと思っていて。そんな時、アメリカモモンガのきょろたんと出会ったんです」

 そう語るのは、「きょろたん」「みにたん」のアメリカモモンガの一家の飼い主のmifaさん。モモンガファミリーの飼育記録を綴った彼女のブログは、「かわいい~」の声が続出し、人気を集めている。

 2~3等身でモフモフ。こんなにかわいい見た目なのに、なかなか触らせてくれないし、トイレも覚えない。夜行性で昼間はずっと寝てばかり。モモンガは“飼うのには覚悟がいる”野生的な性格だった。

 それでも毎日、辛抱強く面倒をみていると、次第に心を許すようになっていった。きょろたんと結婚したみにたんに4匹の子供が生まれ、6匹の大家族に。

「今では全員、体に乗るようになって、私の部屋着の中にたくさんどんぐりを入れてくるんです。うちには子供がいないから、きょろたんたちは子供のような存在。みんなからの親孝行が嬉しいんです(笑い)」(mifaさん)

 しかし、1年ほど前のある日のことだった。

「夜のぞいてみると、ちょびたんがぐったりしていたんです。ケージに足が挟まって、腕からは血も出ていました。病院に連れて行ったら、手の先が落ちているということで、即、片腕切断の手術になりました。“全身麻酔をかけますが、それで命を落としてしまうかもしれない”というお医者さんの説明に涙が止まりませんでした」(mifaさん)

 幸い、手術は成功。最初は食欲が減って体重も落ちたけど、mifaさんの献身的な介護もあって、ちょびたんの体調はみるみる回復した。

「バランスを上手に取ってエサも自力で食べられるし、止まり木から大きなジャンプもできるようになりました。このまま順調に回復して、いつの日か、私の胸に飛んできてくれたらいいな、と願っています」(mifaさん)

※女性セブン2014年10月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ジブリや藤子・Fなど全国「マンガ美術館」紹介するガイド書
儲け主義医師 30才女性の小さな虫歯見てインプラントを即決
ベッドに横たわって鎖骨出しこちらをじっと見つめる黒谷友香

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP