ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

厚さ5.15mmのGionee ELIFE S5.1が世界最薄スマートフォンとしてギネス認定される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国のスマートフォンメーカー 金立(Gionee)の最新薄型スマートフォン「Gionee ELIFE S5.1」が世界最薄スマートフォンとしてギネス認定されたことが同社の公式サイトで発表されました。ELIFE S5.1 の厚さは 5.15mm で、同社が昨年発売した「ELIFE S5.5」の 5.55mm というこれまでの最薄記録を 0.4mm ほど更新しています。今後、“世界最薄”を名乗るには ELIFE S5.1 よりも薄くなければなりません。ELIFE S5.1 は、4.8 インチ1,280×720 ピクセルの有機 EL ディスプレイ、1.2GHz クアッドコアプロセッサ(Snapdragon 400)、1GB RAM、8GB ROM、背面に800万画素カメラ、前面に500万画素カメラ、2,100mAhバッテリーを搭載。LTEにも対応しています。Source : Gionee


(juggly.cn)記事関連リンク
TinyCam Monitor ProがAndroid Wearをサポート、ネットワークカメラの映像をスマートウォッチで視聴可能に
Google、Google Nowに飛行機チケットの価格変動を通知する新Nowカードを追加
Motorola、Moto G(2nd Gen)にKXB21.85-23ビルドへのアップデートを配信開始、Google Nowランチャーがデフォルトホームアプリに

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP