ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

浦沢直樹の大ヒットコミック『プルートゥ PLUTO』が舞台化! 主演は森山未來

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『MASTERキートン』『MONSTER』『20世紀少年』などヒット作の数々を生み出してきた漫画家・浦沢直樹先生による『PLUTO』(プルートウ)の初の舞台化が決定。主演の森山未來さんら豪華キャスト陣が明らかになりました。

『PLUTO』は、手塚治虫先生の『鉄腕アトム』に含まれる「地上最大のロボット」の回を原作している作品。単純な人間とロボットの物語ではない、全人類に叩きつけられる、愛と憎しみの黙示録は、大人が楽しめるコミックとして人気に。850万部を売り上げ、20の原語に翻訳され、全世界に熱狂的な愛読者を持っています。

演出を手掛けるのは、ロンドン演劇界で最も権威がある「ローレンス・オリヴィエ賞」を2度受賞している振付家、シディ・ラルビ・シェルカウイ。2012年オーチャードホールで上演された『TeZukA テ ヅカ』で、手塚治虫先生の思想と生涯をビビットに表現した事もあり、今回の抜擢にも納得です。その世界観から、リアルには再現しづらい浦沢作品がどの様な演出になっているのか、今から期待が高まります。

主演は、日本文化への理解深化・交流の為に1年間イスラエルに行き、先日帰国したばかりの森山未來さん。共演にも永作博美さん、柄本明さん、松重豊さん、寺脇康文さんなど演劇界を牽引するキャストが集結しており、原作ファンのみならず、演劇ファンの注目を集めそう。

舞台『プルートゥ PLUTO』は2015年1月9日(金)~2月1日(日)、シアターコクーンにて上演。「Bunkamura」公式サイトではチケット先行販売などの情報が記されていますので、こちらをチェック。

速報!!『プルートゥ PLUTO』公演決定のお知らせ
http://www.bunkamura.co.jp/topics/cocoon/2014/09/post_149.html

※画像は「Bunkamura」公式サイトより引用。

カテゴリー : エンタメ タグ :
藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP