ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元デイリー編集局長 阪神はフロント、現場に大鉈必要と思う

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2位を争う広島に17失点、歴史的な大敗を喫した9月13日、甲子園のライトスタンドでは異例の事態が起きた。無様な敗戦に腹を立てた阪神ファンが広島の応援を始めたのだ。こんな事態を元デイリースポーツ編集局長の平井隆司氏はどう見ているのか。

 * * *
 長く阪神の取材をしてきたが、さすがに今年は「フロントと現場首脳に大ナタを振るわないとファンも見放すぞ」と本気で思った。9月に入って巨人に3タテを食らった時には思わず「このあかんたれ!」と怒鳴ってしまった。

「あかんたれ」は選手にも伝染している。マートンが試合開始直後に球審に刃向かい退場になったが(8月23日)、主力の退場が試合にどのような影響を与えるかわからいでか。本来なら厳罰を処すべきだが、監督は罰金すら科さなかった。

 原(辰徳)監督なら二軍に落としていただろう。ケジメをつけない組織がどうなるか。マートン一人制御できないで、よくもまあ巨人と首位争いができたものだ。

 阪神電鉄では“安全、安心”が最優先されるが、球団でも真弓(明信)や和田(豊)のような無難な監督が評価されるところがある。この2人は背広を着ればエリートコースを歩けるが、ユニフォームの場合は違う。阪神のこの6年は不幸の6年だ。

※週刊ポスト2014年10月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
阪神ファン医師 負けた日はサッカーTシャツの患者に薬出さず
高橋三千綱氏提案 阪神の監督なんて誰もやらないほうがいい
岡田彰布氏 和田監督が福留や西岡にこだわるなら阪神終わり

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP