ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京湾で捕獲のダイオウイカ 京急油壺マリンパークで公開中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ヤリイカ、スミイカ、アオリイカ……。東京湾は美味しくいただけるイカの宝庫だが、神奈川・三浦の京急油壺マリンパークで9月13日から公開されたのはなんと東京湾で獲れたダイオウイカ。体長4メートル38センチの“謎の生物”は今年3月に神奈川・横須賀沖で捕獲された。

 日本海側ではまれに水揚げされるが、東京湾などの太平洋側は水温が高いため海面近くに現われることが珍しく、捕獲されたのは実に約40年ぶり。

「今回は生後1年で人間でいえば中学生くらいの小さいメスですが、生け捕りだったので大変貴重です。残念ながらすぐに死んでしまいましたが、8月に行なわれた公開解剖では墨が体内に大量に残っていることがわかりました」(飼育部・天田未貴氏)

 実はこの墨が、ダイオウイカの生態を解明するうえでの新発見だという。イカは敵から身を守るために墨をはくが、深海は真っ暗なので墨は必要ない。墨があるということは、若いダイオウイカは光が届く比較的浅いところに棲んでいる可能性があることがわかったのだ。“江戸前ダイオウイカ”はまだまだ海の中に潜んでいるのかもしれない。

撮影■渡辺利博

※週刊ポスト2014年10月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
深海生物ブーム 主婦「深海サメは頼れるリーダーって感じ」
東京ドイツ村(千葉県袖ヶ浦市)の観覧車 眼下に花畑の絶景
神宮球場名物の「ウインナーメガ盛り」 4種類入って700円

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP