ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

11月20日にリリース『ヒプノシス・アーカイヴズ』の詳細が明らかに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ピンク・フロイドやツェッペリンなど英国ロック黄金期のアルバム・デザインを手がけた集団「ヒプノシス」。彼らのアーカイヴから発掘されたデザインラフや未発表写真が遂に一冊になった『ヒプノシス・アーカイヴズ』の日本語版が11月20日に発売される。

ロック・ミュージック華やかなりし頃に発表された彼らのアートワークを思い浮かべるだけでアルバムの音が脳内再生されるほど、その作品たちはアルバム・ジャケットをアートに高め、音楽の印象をより強烈に脳裏に焼き付けることとなった。彼らが手掛けた作品のデザインラフから、総勢65組のアーティスト・バンドの写真366枚を収録したこの一冊。序文はレッド・ツェッペリンのロバート・プラントが担当しているのでこちらも必読だ。(岡本貴之)

『ヒプノシス・アーカイヴズ』
2014年11月20日 発売
価格:8,640円
著者:オーブリー・パウエル
執筆:ロバート・プラント/ストーム・トーガソン他
日本語版監修:椹木野衣

◎本書の構成
・アーティストごとにヒプノシス・メンバーであるパウエルのエッセイを付す「イマジネーション」の章
・これまで発表されたことのないデザインラフやポートレイトが溢れ出す「リアリゼーション」の章
・美術批評家=椹木野衣氏による日本語版解説を特別に収録!
◎収録アーティスト
ピンク・フロイド、ピーター・ガブリエル、ポール・マッカートニー&ウイングス、ローリング・ストーンズ、ザ・フー、シド・バレット、10cc、AC/DC、ブラック・サバス、デフ・レパード、ジェネシス、ジミ・ヘンドリックス、サミー・ヘイガー、ジョン・マクラフリン、オリヴィア=ニュートン・ジョン、アラン・パーソンズ、ポリス、ロバート・プラント、プリティ・シングス、クィーン、トッド・ラングレン、スコーピオンズ、スロッビング・グリッスル、UFO、ヴォイジャー、リック・ウェイクマン、ジョン・ウェットン、ウィッシュボーン・アッシュ、バッド・カンパニー、ジンジャー・ベイカー、ブランドX、ゲイリー・ブルッカー、エドガー・ブロートン・バンド、フォリナー、ハンブル・パイ…他、総勢65組のアーティスト/バンド、366枚の写真を収録。

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP