ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

後藤まりこ『こわれた箱にりなっくす』が発売延期、“お詫びの1曲”を公開中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

後藤まりこのニュー・アルバム『こわれた箱にりなっくす』の発売が制作上の都合で延期される事が明らかになった。

以前、OTOTOYニュースでそのタイトルの意味を答えてくれたことでも大いに話題となった『こわれた箱にりなっくす』。当初10月29日に発売することが予定されていたこのアルバムだが、発売日は11月12日に変更。現在オフィシャルHPではアルバムを楽しみに待っているファンの為に“お詫び“として本日21時~25日(木)20時59分までの72時間限定でアルバム収録楽曲が1曲、先行で公開されている。

尚、発売延期の理由は「集中してのんびりCDをつくっていたら時間がなくなっていた」とのこと。理由をわかりやすくまとめた4コマ画像も公開された。この件に関して後藤まりこ本人と、EVIL LINE RECORDSの担当ディレクターは以下のようにコメントを寄せている。

後藤まりこコメント

集中してのんびりCDをつくってました。
気がついたら、時間がなくなっていました。びっくりしました。
気がついたら、え、締め切り、あ、忘れてた、あ、え?もう締め切りなの?
まじすか、、、宮本さん湯本さん、どーする?うーん、物理的にー、、これ、やばくないすか、うーむ、、、
無理かもね♡、、、どおしよおおおおおお、という感じでした。
ほんとに締め切りってあるんですね。ほんとうに時間って平等なんですね。
少しだけリリースが遅れます。ごめんなさい。
待ってもらったぶん、そのぶん、いい作品をつくり上げますので、ちょっとだけ待ってて下さいませ。
がんばってちょっと急いでCDを作りますっ
えいえいおー

担当ディレクター湯本コメント

皆様、大変申し訳ございません。
私の不徳致すところと、猛省しております。
頭を丸め気持ちを入れ替え、頑張ります。本気です!頑張ります!

“お詫びの1曲”のタイトルは「好き、殺したい、愛してる」。アルバムの全貌をこの1曲から推測してみよう。(岡本貴之)

後藤まりこ「好き、殺したい、愛してる」

https://soundcloud.com/evil-line-records/510mariko/s-df3Lq

・後藤まりこ『こわれた箱にりなっくす』のタイトルの意味を語るーちょくげきニュース
http://ototoy.jp/news/80028

・後藤まりこオフィシャル・ウェブサイト
http://510mariko.com/

『こわれた箱にりなっくす』
2014年11月12日(水)発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
全9曲+DVD(Music Video 他 収録)予定
品番: KICS-93127
【通常盤】(CDのみ)
全9曲収録予定
品番:KICS-3127
※詳細は後藤まりこオフィシャル・ウェブサイトまで

〈後藤まりこライヴ お前ら全部りなくすです〉
会場:下北沢SHELTER
2014年11月1日(土) OPEN 15:00/START 15:30
出演:後藤まりこ(ストロングスタイル)
2014年11月1日(土) OPEN 19:00/START 19:30
出演:後藤まりこ(弾き語り)
2014年11月2日(日) OPEN 15:00/START 15:30
出演:後藤まりこ(ストロングスタイル)
2014年11月2日(日) OPEN 19:00/START 19:30
出演:後藤まりこ17歳お寿司大好き
2014年11月3日(月・祝) OPEN 15:00/START 15:30
出演:後藤まりこ(ストロングスタイル)
2014年11月3日(月・祝) OPEN 19:00/START 19:30
出演:後藤まりこ(バンド)
□オールスタンディング 3,300円(税込/D代別)

〈後藤まりこと往く、関東近郊りなくすツアー〉
2014年11月 7日 (金) 千葉LOOK
2014年11月14日 (金) 横須賀かぼちゃ屋
2014年11月20日 (木) 高崎club FLEEZ
2014年11月21日 (金) 新潟 Live Hall GOLDEN PIGS RED STAGE
2014年11月27日 (木) HEAVEN’S ROCK宇都宮 VJ-2
2014年11月28日 (金) HEAVEN’S ROCKさいたま新都心 VJ-3
2014年12月 3日 (水) 水戸LIGHT HOUSE
2014年12月 4日 (木) 仙台MACANA

カテゴリー : エンタメ 動画 タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP