ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ロボットが家族のために活躍?「Pepper」専用ホームコントロールデバイス発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界初の感情認識型ロボットとして、ソフトバンクより発表された「Pepper」。表情と声からその人の感情を察する最新のテクノロジー(感情認識機能)を備え、家族とのふれあいの中で成長していくパーソナルロボットである。

ともに笑い、泣いてくれるのはうれしいが、欲を言えばプラスアルファ、実生活で役立つ機能があればありがたい、というのが正直な感想かもしれない。

そこで登場したのが、「Pepperのマホウノツエ」。「Pepper」専用のホームコントロールデバイスとして、ユカイ工学が開発。9月20日に開催された「Pepper Tech Festival 2014」で公開されたばかりというホットな製品だ。

「Pepperのマホウノツエ」は、「Pepper」に最適化されたロボット向けウェアラブルデバイス。「Pepper」と通信し、赤外線でテレビやエアコンといった電化製品をコントロールしていく。つまり、このデバイスを用いることで、「Pepper」の音声・画像・感情認識機能を生かした家電操作が可能になるのだ。

例えば、「暑いなあ」と言えば、その音声を認識してエアコンの温度を調整したり、人の顔を認識して一人ひとりに適したテレビ番組を提案するなど、まるで「Pepper」が家電に話しかけて魔法をかけているような、そんな操作が実現するのだという。

デバイスのコア部分は、Wifiとつながる赤外線学習リモコン、「IRKit」がベース。よって今回開発したアプリケーションは、「IRKit」でも使用することができるそうだ。

「鉄腕アトム」が初めて世に出てから60年余り。人型ロボットが家族の一員となる日も、いよいよ近い?

Pepperのマホウノツエ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP