ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

レゴがバービー人形を破り、おもちゃ業界売り上げ1位に その理由は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

毎年新たなおもちゃが出現しては消えていく玩具業界の中で、数十年にわたり愛されているのがマテル社のバービー人形と、レゴ社のレゴブロック。そして2014年上半期、王者・バービー人形の牙城を崩し、ついにレゴブロックが売り上げNo.1の座に輝いた。

レゴ社は最近、上半期の売り上げが(従来に比べ)11%アップし、20億ドル超となったことを発表。これは、日本を含む世界各国で今春上映され、大ヒットを飛ばした映画『LEGO ムービー』の後押しもあったようだ。

近年はいわゆる”おもちゃ”よりもiPadや他の電子機器を手にすることが多い子供たちだが、それでもレゴの売り上げは2008年から3倍に膨れ上がっている。とりわけ中国では、わずか半年間で売り上げが50%もアップしたというから驚きだ。しかもレゴ社は、1kgあたり1ドル程度のプラスチックを75ドルの製品として販売しているため、利益率も総じて高い。さらにこの夏には『LEGO ムービー』のDVDも世界各国で発売され、2017年には次のレゴ映画の公開も予定されているなど、好材料も揃っている。

そんなレゴの快進撃の陰で、苦戦しているのがマテル社だ。今年で生誕55周年を迎えたバービー人形だが、その売り上げは8期連続で減少を続けている。今年の春にはレゴ社のライバルといわれるカナダのメガ・ブランズ社を買収したが、これもマテル社の経営状況を圧迫しているようだ。

(C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. (C)2014 The LEGO Group.

■参照リンク
「How Lego beat out Barbie to become the king of toymakers」 THE WEEK
http://theweek.com/article/index/267749/how-lego-beat-out-barbie-to-become-the-king-of-toymakersPermalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP