ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BACK-ON、アニソンファンの前で「ガンダムビルドファイターズトライ」OP主題歌の新曲を全世界初披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

BACK-ONは、9月20日に東京・お台場の潮風公園で行われた「バンダイナムコ アニメキャンプ2014」において、アニソンファンの前で10月8日より毎週水曜日18:00から放送されるテレビ東京系アニメ「ガンダムビルドファイターズトライ」オープニング主題歌の新曲「セルリアン」を全世界初披露した。

BACK-ONは日本のみならずアメリカ、ドイツ、カナダ、ヨーロッパ、台湾のロックファン、アニソンファンから人気上昇中の男性4人組ロックバンド。「バンダイナムコ アニメキャンプ2014」では「セルリアン」以外に、2014年3月まで放送されたテレビ東京系アニメ「ガンダムビルドファイターズ」のオープニング主題歌であった「ニブンノイチ」、「wimp ft. Lil’ Fang (from FAKY)」も歌唱し、会場に集まったガンダムファン、アニソンファンは大いに盛り上がった。BACK-ON以外にも、機動戦士ガンダム35周年を記念し、ガンダムシリーズの主題歌を歌唱するアーティストが多数出演し、大興奮のステージとなった。

さらに、同日、千葉・幕張メッセにて行われた日本最大規模のゲームの祭典「東京ゲームショウ2014」にて、12月18日発売予定のPS3/PSVitaゲーム「ガンダムブレイカー2」のテーマソングをBACK-ONが担当することも発表された。書き下ろしの新曲名は「Silent Trigger」。なお、BACK-ONの新曲「セルリアン」と「Silent Trigger」の発売日は未定とのこと。

10月1日には、本日歌唱された「ニブンノイチ」と「wimp ft. Lil’ Fang (fromFAKY)」も収録されるBACK-ONの4枚目のオリジナルアルバム「RELOAD」が発売される。

さらに、アルバム発売直後の10月5日には自身最大規模の東京・赤坂BLITZでのワンマンライブ「BACK-ON LIVE 2014 ~RELOAD~」も決定している。

リリース情報
アルバム「RELOAD」
2014年10月1日発売

初回生産限定盤(CD+DVD)品番:CTCR-14828/B  3,240円(税込)

通常盤(CD ONLY)CTCR-14829  2,700円(税込)

CD収録曲
01. ニブンノイチ
02. STRIKE BACK
03. INFINITY
04. wimp ft. Lil’ Fang (from FAKY)
05. Life rolls on
06. RELOAD
07. イマジニ ft. Duran (from Made in Asia)
08. READY SET GO!
09. Around the world
10. BUZZ BOY
11. Milky way
12. Departure

DVD収録内容(初回生産限定盤のみ)
・ニブンノイチ Music Video
・wimp ft. Lil’ Fang (from FAKY) Music Video
・Departure Music Video
・STRIKE BACK Music Video
収録予定

タイアップ情報
「Departure」:2014日本工学院CMソング
「STRIKE BACK」:テレビ東京系アニメ「FAIRY TAIL」新シリーズオープニングテーマ曲
「ニブンノイチ」:テレビ東京系アニメ「ガンダムビルドファイターズ」オープニングテーマ
「wimp ft.Lil’Fang (from FAKY)」:テレビ東京系アニメ「ガンダムビルドファイターズ」オープニングテーマ
「INFINITY」:PS Vita版「ガンダムブレイカー」オープニングテーマ
「Around the world」:iOS/Androidアプリ「SDガンダムジージェネレーションフロンティア」
「BUZZ BOY」:UULAマンガ「エリートヤンキー三郎」主題歌

ライブ情報
BACK-ON LIVE 2014 ~RELOAD~
2014年10月5日(日)赤坂BLITZ 開場 17:00 / 開演 18:00
チケット料金:スタンディング 3,500円
※ドリンク代別途必要。
※小学生以上有料
※整理番号順の入場

関連リンク

BACK-ONオフィシャルサイト:http://www.back-on.com/
BACK-ONオフィシャルブログ:http://ameblo.jp/back-on

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP