ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“百獣の王”武井壮に動物たちが反撃!? Yahoo! JAPANが仕掛けた大掛かりな検索キャンペーンを博多で体験してきた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


JR博多駅構内にある商業施設“アミュプラザ博多”のエレベーターに巨大な新聞が貼りだされ、“百獣の王”を名乗る武井壮さんがそこから落ちそうになっている……。武井さんの横には「武井壮、絶体絶命!?」のコピーと共に「ピンチ 武井壮」の検索をうながす『Yahoo! JAPAN』の赤いバナー。そう、こちらは『Yahoo!検索』のキャンペーンとして展開されている広告なのです。9月17日から博多駅とアミュプラザで大規模に展開中のこのキャンペーンを取材しに、博多へ行ってきましたのでレポートをお届けします。

「道中 なう」 旅の経過をリアルタイム検索

そのとき『Twitter』や『Facebook』に投稿された書き込みを検索して表示してくれる『Yahoo! リアルタイム検索』。最近、「検索キーワード なう」と『Yahoo! JAPAN』で検索すると、自動的にリアルタイム検索の結果を表示してくれるようになったのはご存知でしたか? 『Yahoo!検索』の取材に行くので、東京から博多まで行く途中のスポットでリアルタイム検索してみることにしました。

「浜松町 なう」
羽田空港までモノレールに乗るために、浜松町で乗り換えた筆者。ここで「浜松町 なう」で検索!



すると、取材日の9月17日が“モノレール開業記念日”だと教えてくれるツイートを発見。50年前の1964年9月17日に浜松町~羽田空港のモノレールが開業したのだとか。ちょうど50周年の日にモノレールに乗っていたなんてちょっとうれしい! 1人旅の道中も、『リアルタイム検索』で楽しく過ごせそうです。

「羽田空港 なう」

羽田空港に到着して、「羽田空港 なう」で検索。すると、「羽田空港で10月にショートフィルムを無料上映へ」という記事が。10月から毎週土日と祝日に、ショートフィルムの上映イベントが開催されるのだとか。面白そうだけど10月か……。

「福岡空港 なう」


空の旅を経て、福岡空港に到着。検索してみると、「こんにちは~」「ついたよ」「到着!」など、同じ便で着いたと思われる人たちのツイートが。なんか1人じゃない気分!

「博多駅 なう」
福岡空港から博多駅までは、地下鉄で2駅と好アクセス。博多駅に着いて検索してみると……

「ワニにも乗れる。博多駅AMU #絶体絶命検索」


と、目的のキャンペーン関連らしきツイートが! 床の上のワニにまたがっている写真も付いています。早く現場に行かなければ。

AMU PLAZA 1F:キャンペーンを象徴する大規模広告


記事冒頭でご紹介したのが、アミュプラザ1階のエレベーターに張り出された広告。博多駅のコンコースから出口を出ようとすると必ず目に入る場所なので、インパクトは絶大です。


「武井壮 ピンチ」で『Yahoo!検索』すると、目の前にいる武井さんと動物たちのサムネールが表示され、「百獣の王を名乗る武井壮に11の動物が大激怒! 武井壮、絶対絶命!?」の説明が。このキャンペーン名『絶体絶命検索』がタイトルとして表示されます。


クリックするとキャンペーンページへ。『絶体絶命 MOVIE』として、武井さんに激怒する11種類の動物の動画が一覧できます。キャンペーンのストーリーを理解して、動画を見て楽しむという流れになっています。ここまではよくあるキャンペーンの流れなのですが、実はアミュプラザのそこかしこに動物たちが潜んでいて、検索することでこのキャンペーンに誘導される仕掛けが用意されています。


同じ1階の自動ドアには、ベニコンゴウインコに襲われる武井さんの姿が。


広告にある「ピンチ インコ」で検索すると、「戦慄! 人をだますインコ!」のタイトルで動画へのリンクが表示されます。



リンク先の動画を再生すると、「ベニコンゴウインコです」というインコの仮面をかぶった武井さん似の人物が登場。武井さんと対決するという想定で、持ち前のおしゃべりの能力により同情をひき、会場を味方につけて勝利するという“対武井対策”を披露します。そう、この動画は百獣の王・武井壮を倒す動物側の戦略を、その動物に扮した武井壮自身が解説するという1人コントになっているのです。

見た目もシュールですが、何よりも動物の倒し方を研究してきた武井さんが、自身のアイデンティティーを脅かしかねない内容を淡々と演じる姿がなかなかシビれます。スゴいなこの人、面白い。

動画の最後には『絶体絶命検索』キャンペーンのロゴと「ピンチ 武井壮」の検索窓を表示。興味を持った人はキャンペーンページへと誘導されるわけです。


1階から外に出ると、大理石の柱を突き破って武井さんに襲い掛かるミニチュアダックスが。愛らしさを武器に無敵! なミニチュアダックスの動画を見たい人は『Yahoo!検索』で「ピンチ ダックス」を検索。続いて各フロアに潜んだ動物たちを見ていきましょう。

AMU PLAZA B1:ゴリラがパンチでドーン!


地下1階のエレベーターホール裏には、パンチ1発で何枚ものガラスを割るパワフルなゴリラの姿が。武井さんの“ゴリラ愛”が逆にゴリラの武器になる動画は「ピンチ ゴリラ」で検索。

AMU PLAZA 2F:ウシがガラスに突進!


2階エレベーターホールには、外の通路からビル内にガラスを破って突進してくるウシの姿が。武井さん考案のウシの倒し方を論破し、パワーで圧倒するウシの動画は「ピンチ ウシ」で検索。

AMU PLAZA 8F:一休みしようと思ったらパンダが!


アミュプラザには、座って一休みできるベンチやイスがふんだんに設置されているのですが、ベンチに座ろうと思ったらパンダが殴りかかってきます。本性はクマ、なパンダの動画は「ピンチ パンダ」で検索。


エスカレーター横の柱には、武井さんの顔をひっかくネコが。人間に親しまれている貢献度をアピールするネコの動画は「ピンチ ネコ」で検索。

AMU PLAZA 3F:動物たちのワンダーランド


アミュプラザ内で最も大規模に展開しているのが3階。ここは見どころ満載です。まず、吹き抜けは複数フロアにわたって巨大な垂れ幕を設置。武井さんに動物たちがしがみつき、今にも落ちそう! ここは「ピンチ 武井壮」で検索。



エレベーター脇のイスにはワニが2匹。ひとつは『リアルタイム検索』の結果で見たワニですね。もう1匹の方は……居眠りしている方を食べてしまいそうな勢い。ルール変更で武井さんに勝負を挑むワニの動画は「ピンチ ワニ」で検索。




円環状のソファが設置された休憩スペースでは、イリオモテヤマネコ、クマ、ライオンの姿が。それぞれ動画は「ピンチ イリオモテヤマネコ」「ピンチ クマ」「ピンチ ライオン」で検索。個人的には「バカヤロウ クマだよ!!!」のキレがいいクマの動画がオススメ。



8階と同じく、エスカレーター横の柱にはネコもいますが、ここは2階へ降りるエスカレーターに注目。床がひび割れていて、何やら長い鼻が見えていますが……降りてみると梁にゾウが入ってる! 重さに耐えられなくて落ちちゃうよ! 脚力と体重をアピールするゾウの動画は「ピンチ ゾウ」で検索。

以上のように、11種類もの動物がアミュプラザのそこかしこに潜んでいるのです。探して歩いてみるのはなかなか楽しめるのではないでしょうか。ところがこの『絶体絶命検索』、これがすべてではないのです。武井さんが動物たちに狙われる『動物編』だけではなく、女性をターゲットにした『日常編』の広告が、今度はアミュエストに展開されています。

AMU EST:女性たちの日常のピンチが潜む


アミュエスト1階入り口には、壁一面に『絶体絶命検索』の赤い広告が。「ピンチ 女子」で検索すると、全11種類の『絶体絶命 MANGA』が見られると案内されています。


振り返ると、入り口のドアに白目をむいて貼りついたサラリーマンが。


壁の広告には、ポニーテールの髪型で振り返る女性の姿。ポニーテールでサラリーマンを吹っ飛ばしてしまったようですね。案内のとおり「ピンチ ポニテビンタ」で検索してみます。


検索結果には「上司にポニーテールビンタ」のタイトルで、「上司にポニーテールビンタをかまして絶体絶命! こんなピンチ、あなたならどう乗り切る!? 絶体絶命マンガ公開中」の説明が。上司にポニーテールビンタをしてしまったときの解決法を案内してくれるのでしょうか。



リンク先では、アニメーションgifで動きのあるウェブマンガを読むことができます。スクロールして読み進めていくと、孫子の兵法を活用して解決(?)していくという、予想の斜め上を行くストーリーが展開。続きは「ピンチ ポニテビンタ」で検索して確認してみてください。




1階にはほかに、グレーの服を着て脇の下の汗じみが見えちゃってる女性、向かい合った柱で対になった、洋服が丸かぶりになった女性たち、トイレで悪口が本人に聞かれてしまった女性、個室で紙がないのに気づいた女性と、日常でピンチに陥った女性たちの姿が隠されています。それぞれのマンガは「ピンチ グレー服」「ピンチ 服かぶり」「ピンチ 悪口」「ピンチ 紙がない」で検索。




1階から地下1階へ降りるエスカレーターには、試着室で服が入らなかった女性、地下1階から1階への階段2か所には、パーティーでドレスコードを勘違いしてしまった女性、穴が開いてしまった巨大な靴下の写真などが掲示されています。マンガはそれぞれ、「ピンチ 試着」「ピンチ ドレスコード」「ピンチ 靴下」で検索。ちなみに、地下1階では女子トイレにも『絶体絶命検索』の広告があるそうなのですが、筆者は男性のため確認できませんでした……。

このように博多駅ビルで大規模に展開されている『絶体絶命検索』キャンペーン。施設のあちこちで見られた、環境に溶け込むようなクリエイティブで表現する広告手法を“アンビエント広告”と呼ぶそうです。武井壮さんのピンチな状況、女性の日常的なピンチを、思わぬ場所でインパクトある広告により気づかせることで、「ピンチのときは『Yahoo!検索』」というメッセージが効果的に伝えられているのではないでしょうか。

このキャンペーン広告は9月30日まで掲出中(一部は9月21日で終了)なので、博多に行く人は一度立ち寄ってみては。動画とマンガは10月31日まで公開。それにしても、地方都市を舞台に大規模なキャンペーンを展開するというのは面白い試みですね。また地方都市でこんなキャンペーンを実施するときは、『リアルタイム検索』しながら取材に行ってみたいです!

絶体絶命検索
http://promo.search.yahoo.co.jp/searchpinch/

カテゴリー : エンタメ タグ :
shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP