体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“百獣の王”武井壮に動物たちが反撃!? Yahoo! JAPANが仕掛けた大掛かりな検索キャンペーンを博多で体験してきた

“百獣の王”武井壮に動物たちが反撃!? Yahoo! JAPANが仕掛けた大掛かりな検索キャンペーンを博多で体験してきた

JR博多駅構内にある商業施設“アミュプラザ博多”のエレベーターに巨大な新聞が貼りだされ、“百獣の王”を名乗る武井壮さんがそこから落ちそうになっている……。武井さんの横には「武井壮、絶体絶命!?」のコピーと共に「ピンチ 武井壮」の検索をうながす『Yahoo! JAPAN』の赤いバナー。そう、こちらは『Yahoo!検索』のキャンペーンとして展開されている広告なのです。9月17日から博多駅とアミュプラザで大規模に展開中のこのキャンペーンを取材しに、博多へ行ってきましたのでレポートをお届けします。

「道中 なう」 旅の経過をリアルタイム検索

そのとき『Twitter』や『Facebook』に投稿された書き込みを検索して表示してくれる『Yahoo! リアルタイム検索』。最近、「検索キーワード なう」と『Yahoo! JAPAN』で検索すると、自動的にリアルタイム検索の結果を表示してくれるようになったのはご存知でしたか? 『Yahoo!検索』の取材に行くので、東京から博多まで行く途中のスポットでリアルタイム検索してみることにしました。

「浜松町 なう」
羽田空港までモノレールに乗るために、浜松町で乗り換えた筆者。ここで「浜松町 なう」で検索!

絶体絶命検索 絶体絶命検索

すると、取材日の9月17日が“モノレール開業記念日”だと教えてくれるツイートを発見。50年前の1964年9月17日に浜松町~羽田空港のモノレールが開業したのだとか。ちょうど50周年の日にモノレールに乗っていたなんてちょっとうれしい! 1人旅の道中も、『リアルタイム検索』で楽しく過ごせそうです。

「羽田空港 なう」

絶体絶命検索

羽田空港に到着して、「羽田空港 なう」で検索。すると、「羽田空港で10月にショートフィルムを無料上映へ」という記事が。10月から毎週土日と祝日に、ショートフィルムの上映イベントが開催されるのだとか。面白そうだけど10月か……。

「福岡空港 なう」

絶体絶命検索 絶体絶命検索

空の旅を経て、福岡空港に到着。検索してみると、「こんにちは~」「ついたよ」「到着!」など、同じ便で着いたと思われる人たちのツイートが。なんか1人じゃない気分!

「博多駅 なう」
福岡空港から博多駅までは、地下鉄で2駅と好アクセス。博多駅に着いて検索してみると……

「ワニにも乗れる。博多駅AMU #絶体絶命検索」

絶体絶命検索

と、目的のキャンペーン関連らしきツイートが! 床の上のワニにまたがっている写真も付いています。早く現場に行かなければ。

AMU PLAZA 1F:キャンペーンを象徴する大規模広告

絶体絶命検索

記事冒頭でご紹介したのが、アミュプラザ1階のエレベーターに張り出された広告。博多駅のコンコースから出口を出ようとすると必ず目に入る場所なので、インパクトは絶大です。

絶体絶命検索

「武井壮 ピンチ」で『Yahoo!検索』すると、目の前にいる武井さんと動物たちのサムネールが表示され、「百獣の王を名乗る武井壮に11の動物が大激怒! 武井壮、絶対絶命!?」の説明が。このキャンペーン名『絶体絶命検索』がタイトルとして表示されます。

絶体絶命検索

クリックするとキャンペーンページへ。『絶体絶命 MOVIE』として、武井さんに激怒する11種類の動物の動画が一覧できます。キャンペーンのストーリーを理解して、動画を見て楽しむという流れになっています。ここまではよくあるキャンペーンの流れなのですが、実はアミュプラザのそこかしこに動物たちが潜んでいて、検索することでこのキャンペーンに誘導される仕掛けが用意されています。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。