ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

レディー・ガガ、アルバム「アートポップ」を失敗作と告白

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今日(9月21日)放送される米CBSテレビの番組「サンデー・モーニング」でレディー・ガガ(29歳)が、アルバム「アートポップ」は「フェイム」や「ボーン・ディス・ウェイ」に比べて売れず、失敗作だったと告白した。番組出演は来週の火曜日に発売されるトニー・ベネット(88歳)とのデュエット・アルバム「チーク・トゥ・チーク」の宣伝の為。音楽ビデオ・サイトのaceshowbizが伝えた。

Musicman オススメBlog【高橋裕二の洋楽天国】

「皆は私をとても高い領域に縛り付けていると感じた。ヤジが凄くて、ものすごくうるさい。成功作を作るのは簡単じゃ無い。公式があるわけじゃないんだから」

ファンの期待に応えようとするプレッシャーで「押しつぶされた」そうだ。その時救ってくれたのがトニー・ベネット。「アートポップ」が(売れなくて)失敗作だったと感じた落ち込みをトニー・ベネットとのデュエット・アルバム制作が救ってくれた。トニー・ベネットとはアルバム「デュエッツⅡ」で「ザ・レディ・イズ・ア・トランプ 」を一緒に歌って以来の付き合い。

今回のスタンダード・ナンバーを歌ったデュエット・アルバムは、トニー・ベネットが在籍するコロンビア・レコード(ソニーミュージック)ではなく、レディー・ガガのインタースコープ・レコード(ユニバーサルミュージック)から発売される。

記事提供元:Musicman オススメBlog【高橋裕二の洋楽天国】

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP