ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ローテクとハイテクの融合!ハンドメイドの石器と3Dプリントで先史の石器を再現

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先史時代、人類が石器を使っていた頃。当時のローテクノロジーと、21世紀の最新テクノロジーである3Dプリントは、相容れない存在に思うかもしれない。しかしあえてこの2つを結びつけようという試みが、イスラエルのデザイナーたちによって取り組まれている。

それがDov Ganchrow氏と故Ami Drach氏のチーム。Ganchrow氏は、あるセミナーで石器加工に触れる機会があり、石器時代の技術やデザイン化に関心をもったという。

2人はまず、イスラエル南部にあるNegev砂漠に出かけて、石について理解をし、石をたたいて加工する技能を学ぶため、長い時間を費やした。この体験は非常に苦労を伴ったという。

そして石の加工技術を会得した後、それぞれの石にピッタリ適合するよう調整を施した、持ち手のハンドル部分を3Dプリントで成形。ハンドメイドでたたき磨いて加工した石器の刃部分と、3Dプリントのハンドル部分を結合し、当時使われていたであろう石器を“現代風に”再現した。

石器は用途によって異なる形状に精錬されていて、それぞれ特定の役割を果たす。石器は全部で9種類。石を削ったり加工するためのもの、木を割る石器、ハンマーのようにたたくためのもの、狩りや工芸で使うもの、パートナーへの贈り物用など。先史の人々は用途によってさまざまな石器を使い分け、暮らしに役立てていた。

このプロジェクトは、そんな当時の人々の生活や、石器という器具が実際にどのようなものか実感する手助けとなる。専門家の研究に役立つだけでなく、一般の人々が見て触れられるよう、博物館の展示品や教育のツールにもなるだろう。ローテクとハイテクの合体……。ユニークな発想のツールが今後も登場するかもしれない。

Dov Ganchrow / Ami Drach

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP