ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鈴木桃子も参加、忌野清志郎×COSA NOSTRAの異色コラボ「少年マルス」が16年の時を経てシングル・カット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

シンガーソングライターの鈴木桃子がかつて在籍していたCOSA NOSTRAが、忌野清志郎をフィーチャーして制作した楽曲「少年マルス」が、16年の時を経て“忌野清志郎 with KANAME”名義で2014年秋にシングル・カットされることになった。

「少年マルス」は、1998年発表の手塚治虫生誕70周年記念トリビュート・アルバム「アトム・キッズ・トリビュート・トゥー・ザ・キング“O.T.”」に“COSA NOSTRA featuring 忌野清志郎”名義で収録されたカバー曲で、今回のシングルは、2014年秋より宝塚市立手塚治虫記念館にて開催される「忌野清志郎展~手塚治虫ユーモアの遺伝子~」の会場限定CDとして販売されるものだ。また、ローソンとミニストップの店頭端末「Loppi」、全国のHMV店舗、およびHMV ONLINEでは、同CD+<忌野清志郎展>特別入館券セットが限定発売される。

オリジナル楽曲は1977年放送の手塚治虫によるテレビ・アニメ「ジェッター・マルス」のエンディング・テーマで、“キング・オブ・ロック”とクラブシーン発ポップ・ユニットによる異色のコラボレーションによるカバーは、トリビュート盤のリリース当時にも大きな話題となった。忌野清志郎のメイン・ボーカルに、鈴木桃子と小田玲子のツイン・ボーカルが華やかに彩るロックなアレンジで進化を遂げた「少年マルス」は、時代や世代を問わずリスナーに新鮮に響くことだろう。

なお、COSA NOSTRA脱退後、現在はソロ・アーティストとして活躍する鈴木桃子は、9月27日に東京・渋谷JZ Bratにてデビュー25周年記念ワンマン・ライブを開催することが決定している。MOMOKO名義でのデビューからCOSA NOSTRA、そして鈴木桃子としてのソロ名義まで、これまでのキャリアにおけるオリジナル楽曲やカバーを織り交ぜるほか、新曲も初披露するとのことだ。

バック・メンバーにSWING-O率いる45trio、スペシャル・ゲストにSaigenjiを迎えて贈る、ソウルフルかつジャズ・テイストにラテン・フレイバーも取り入れたサウンドとともに、極上の歌声とグルーヴを心ゆくまで堪能しよう。

リリース情報

忌野清志郎 with KANAME(ex.COSA NOSTRA)「少年マルス」
2014年秋、宝塚市立手塚治虫記念館 開館20周年記念「忌野清志郎展~手塚治虫ユーモアの遺伝子~」会場限定CDとして販売
700円+税
ローソンとミニストップの店頭端末「Loppi」、全国のHMV店舗、およびHMV ONLINEでは「少年マルス」CD+<忌野清志郎展>特別入館券セットを限定発売。1,348円+税
9月20日より予約/取り寄せ開始(数量限定のため無くなり次第終了)
特別入館券は忌野清志郎によるブラック・ジャックのイラストステッカー仕様
http://www.hmv.co.jp/news/article/1409180056/
歌詞カードには手塚治虫が描いた「ジェッターマルス」のデザイン・イラスト掲載

宝塚市立手塚治虫記念館 開館20周年記念
<忌野清志郎展~手塚治虫ユーモアの遺伝子~>@宝塚市立手塚治虫記念館
2014年10月31日(金)~2015年2月20日(金)
※水曜日、および12月29日~31日休館
※詳細は手塚治虫記念館公式サイト参照 http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/tezuka

関連リンク

鈴木桃子 オフィシャルサイトhttp://momokosuzuki.jimdo.com
宝塚市立手塚治虫記念館 オフィシャルサイトhttp://www.city.takarazuka.hyogo.jp/tezuka/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP