ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

この秋使いたい! 快適な読書を実現するオススメグッズ5選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

通勤・通学の移動時や就寝前、休日の空き時間などに気軽に楽しめる読書。しかし、電車での移動中など片手しか使えない場面もあり、シチュエーションによっては快適に読めないことも……。便利グッズを使ってより快適な読書生活を

便利グッズを使ってより快適な読書生活を

どんな環境でも気持ち良く本が読みたい! そんな願望を叶えてくれる便利グッズ5選を紹介しよう。スワンタッチページごとに差し替えなければならないというしおりの欠点を払拭したアイデア商品!

ページごとに差し替えなければならないというしおりの欠点を払拭したアイデア商品!

高機能しおり「スワンタッチ」。本の最終ページに貼りつけた後、白鳥のくちばし部分を現在読んでいるページに引っかければセット完了。ページをめくると、くちばしが自動的に追いかけてくるので、いちいちしおりの位置を差し替える必要がない。スリムボディLEDブックライト明るく長寿命な高輝度白色LEDライトを採用

明るく長寿命な高輝度白色LEDライトを採用

暗い場所で読書するのに便利な「スリムボディLEDブックライト」。クリップで読んでいるページを挟み、固定して使う。電池消耗の少ないLEDライトを採用し、リチウム電池2個で連続15時間まで使用可能。折りたたむと、胸ポケットに入るサイズなので、持ち運びにも便利。サムシング親指に装着するだけで片手での読書がラクチンに

親指に装着するだけで片手での読書がラクチンに

冒頭で述べたように電車やバスでの移動では、片手で本を持つことが多いだろう。そんな時に使いたいのが「サムシング」だ。使い方は画像のように本に装着したサムシングを親指にはめるだけ。ページをおさえる箇所が左右に広がり、片手でも安定的に読むことができる。親指から外した後は、しおりとしても使える。ブックメイト書見台を使うことで正しい姿勢で本を読むことができる

書見台を使うことで正しい姿勢で本を読むことができる

本を固定しながら読むのに使う書見台。「ブックメイト」は本を置いた時の角度が約55度、50度、53度、47度、45度の5段階に調節できることが特徴だ。厚さ最大25mm、重さ800gまでの本であれば支えることができる。台座部分の底面にはフェルトが張られており、書見台自体が滑りにくい工夫が施されている。ほんたったバインダーの部分が透明になっているので、文字が隠れることはない

バインダーの部分が透明になっているので、文字が隠れることはない

「ブックメイト」と同じ書見台だが、「ほんたった」の特徴はその携帯性にある。250グラムと軽量で、折りたためばかなりコンパクト。本を押さえるバインダーが「主バインダー」と「補助バインダー」の2種類あり、主バインダーで読んでいるページを挟み、これから読み進めるページを補助バインダーで押さえればセット完了。補助バインダーは押さえる力が程よい強さのため、指先でスムーズにページをめくることができる。

今回紹介した商品は、いずれも150円~2,000円程度で購入できる。「読書の秋」に便利グッズを使って、より快適な読書生活を過ごすのはいかがだろうか?

(杉山大祐/ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。