ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドラマ共演NGリスト 番組制作側からの「配慮」により作られる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 各テレビ局や広告代理店では、タレント間の不仲情報や過去のトラブルをもとに、それぞれ独自に「共演NG」を設定しているものである。

「社外への流出を防ぐため、多くの場合は紙資料ではなく、歴代の編成担当や番組プロデューサーに口頭で申し送りされてきた」(某民放編成担当)というものの、番組プロデューサーによっては独自にリスト化している場合もある。

 本誌は今回、某局のプロデューサーが複数のスタッフや芸能プロ関係者と情報交換して作成したリストを入手した。リストを持つプロデューサーがいう。

「NGリストといっても、タレントサイドから“アイツと一緒はダメだ”とクレームをつけてくるケースはそれほど多くない。

 我々の側が“共演させないほうがいい”と配慮しているパターンがほとんどです。いざ問題が起こってからでは遅いですからね。

“共演NGリスト”は、テレビ局の自己防衛の意味合いが大きいんです」

※週刊ポスト2014年10月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
プロデューサー巻の元祖説あるさんま右腕P スタジオ所長に
TBS江藤愛アナ 山里らのXmasイブ合コンの欠員補充扱いされた
川越達也シェフおせち 和洋料理とロールケーキで14800円

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP