体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ファンキー加藤、ソロ初のワンマンライブ日本武道館2デイズは2万人超満員

ファンキー加藤が9月19日、20日の両日、日本武道館でソロ初のワンマンライブが開催した。

9月19日&20日@日本武道館 (okmusic UP's)

ファンキー加藤は2014年2月に1stシングル「My VOICE」でソロデビューを果たし、「カルピスソーダ」新CMソングとなった2ndシングル「輝け」を5月に、藤原竜也主演の日本テレビ系 ドラマ「ST赤と白の捜査ファイル」主題歌「太陽」を8月に立て続けにリリース。9月には、ソロ初アルバム『ONE』をリリースし、オリコンアルバム週間ランキング初登場3位を獲得。そしてこの夏は「NUMBER SHOT 2014」、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014」、「SUMMER SONIC 2014」、「MONSTER baSH 2014」への出演と、日本を代表する各地のフェスに積極的に出演した。

9月19日、20日の両日、会場となる日本武道館に2日間合計で2万人の観客を集めた同公演は、彼にとって初のワンマン。

ファンキー加藤にとって、2013年6月のFUNKY MONKEY BABYS「おまえ達との道 FINAL in 東京ドーム」以来、およそ1年3ヶ月ぶりのワンマンライブ。チケットは両日ともに即日完売した。

そして開演時間に会場が暗転すると、詰め掛けた観客のファンキー加藤を呼ぶ大声援が止まらなくなる。そこに天に突き刺すかのようにマイクを握り締めた拳を高々と掲げならステージに登場したファンキー加藤。気合いの入った充実した表情でこのライブに掛ける“気持ち”が瞬間的に会場全体に伝わっていった。

「いくぞ! 日本武道館!!」という絶叫とともにスタートしたライブは、日産セレナのCMソングにもなった「リスタート」からスタートした。「最初から断言しますが、今日が2014年で1番のライブにします。一生懸命歌いますので、心の真ん中で受け止めてください」とMCで本人が語ったように、当然のように最初から全力での完全熱唱が続いていく。ソロデビュー後にリリースしたシングル曲、「My VOICE」「輝け」「太陽」をはじめ、ソロアルバム『ONE』に収録されている「まわせ!」、「FLY」、そして、アルバムの中で特に大事にしている楽曲と本人が語った、2014アジア大会NHK放送のテーマソング「終わらない未来」など次々と披露されていった。すべての歌を、ただひたすらにまっすぐに、メッセージが届くようにと言葉を投げ掛け、お客さん一人ひとりに語りかけるようにぶつけていく姿によって、完全に日本武道館がファンキー加藤の音楽でひとつになっていた。

「自分はナイーブで弱虫だけど、ステージに上がってみんなから力を貰うと、凄い男になれるんだよ」、「どんな未来が待っているかわからないけど、ちょっとずつでもみんなと歩いていければと思う。その時に僕の歌がBGMになれば嬉しいです」とファンへの感謝の言葉もMCで語られ、ソロデビュー曲となった「My VOICE」では会場一杯の1万人の大合唱が巻き起こった。

さらには「誰に馬鹿にされようと俺一人でも、もう一回、東京ドームに立ってやる!みんなと一緒にまた歌うんだ「あとひとつ」!」と更なる夢に向かって走り出す事をファンモン時代の楽曲も織り交ぜ、アンコールを含め、全身全霊の全20曲が披露された。 なお、このライブの模様は、10月18日BSスカパーで速報として放送され、11月30日には、MUSIC ON! TVで完全版として、放送される予定となっている。

この後、ファンキー加藤は2015年1月からは念願のホールツアー「ONE FOR HALL TOUR 2015」も決定している。今後の動向にも注目して行こう。

ファンキー加藤 番組情報
■MUSIC ON! TV presents ファンキー加藤「I LIVE YOU 2014」 in 日本武道館
日時:10月18日(土) 21:00~22:20
チャンネル:BSスカパー!(BS241/CS585)
※スカパー!のチャンネルまたはパック・セット等契約者は無料でご視聴いただけます。

■ファンキー加藤 / My VOICE~ファンモンから新たな未来へ~
日時:10月18日(土) 22:20~0:00
チャンネル:BSスカパー!(BS241/CS585)
※スカパー!のチャンネルまたはパック・セット等契約者は無料でご視聴いただけます。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy