ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元巨人・吉村と激突の栄村忠広氏 取材依頼を断り続けていた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 9月17日、ドキュメンタリー番組『石橋貴明のスポーツ伝説…光と影』(TBS系)が放送された。番組では、1988年7月に札幌・円山球場で激突した元巨人・吉村禎章氏(51)と栄村忠広氏(53)にスポットを当てた。

 当時、巨人の3番打者として活躍し、将来が有望視されていた吉村は、この激突で左膝じん帯断裂に重傷を負い、選手生命の危機に陥った。しかし、懸命のリハビリで復活を果たし、1998年まで現役生活をまっとうした。

 一方の栄村は、翌年から一軍出場なし。1990年オフにオリックスへ無償トレードで移籍するも、1年で解雇された。あらためて、栄村のプロ野球人生を振り返ってみよう。

 栄村は21歳の1982年秋、日本専売公社鹿児島地方局からドラフト外で巨人に入団。1年目の年俸は240万円だった。ファームでは3年目までは打率2割前後と苦しんだが、4年目の1986年に初めて3割到達。秋のアリゾナ教育リーグでも3割をマークし、飛躍が期待された。翌年も一軍出場こそなかったが、イースタン・リーグで盗塁王を獲得し、2年連続で打率3割を達成していた。そして、1988年に一軍初出場を果たす。スポーツライターが話す。

「1988年は東京ドーム元年。今でこそ狭い球場の代名詞になっていますが、当時は日本でいちばん広い本拠地球場だった。そのなかで、俊足強肩の栄村が一軍に抜擢されたわけです。しかも、前年限りでセ・リーグ盗塁記録を持つ“青い稲妻”の松本匡史が引退。当時の巨人には、ほかに足の速い選手がおらず、いわば栄村は“ドームの申し子”として活躍を期待されていました」

 たしかに、当時の『プロ野球選手名鑑』(日刊スポーツグラフ特別号)の寸評欄を見ると、後楽園球場最終年の1987年版には「ポスト松本一番手。ファーム一の強肩で守備範囲広い」、東京ドーム元年の1988年版には「ドーム球場時代の到来で強肩、俊足をアピールする好機。ポスト松本の期待大」と書かれている。

 激突のあった1988年、栄村はチーム一の11盗塁をマーク。東京ドームの公式戦で初めて盗塁した選手でもあり、歴史にその名を刻んでいる。だが、翌年は同じく俊足の緒方耕一が台頭し、栄村の存在感は薄れていった。

 番組では、栄村が現役中のみならず、引退後も吉村をケガさせたことに対する自責の念にかられていた様子が描かれた。そして、きちんと謝罪できなかったことをずっと悔いていた栄村が、吉村へ手紙を執筆。「許してください」という最後の一文に、これまで彼が背負ってきたものの重さがにじみ出ていた。

「現役引退後、栄村には、かなりの取材依頼が舞い込んでいました。『あのプロ野球選手は今』のような特集で必ず名前が挙がりますからね。でも、栄村はほぼすべて断っていました。引退後も、トラウマは決して消えることがなかったわけです。でも今回、テレビを通じて、吉村に手紙を渡せたことで、いくらか楽になったのではないでしょうか。

 逆に言えば、今回の番組がなければ、栄村は一生、この思いをひきずっていたはず。会いたくても会いづらい2人を引き寄せる。テレビには、素晴らしい役割があると再認識しました」(同前)


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
最もホームラン出やすい球場は東京D、出にくいのはナゴヤ
SBホークスのダンスチーム「ハニーズ」 女だらけの控室潜入
「巨人の選手は東京ドームの本塁打の打ち方を熟知」と専門家

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP