ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オータムジャンボのキーワードは下3ケタ 5等1万円52本用意

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 秋といえばスポーツの秋、芸術の秋、食欲の秋、そしてオータムジャンボの秋。1等・前後賞合わせて3億9000万円という大きな夢とともに、9月19日から10月10日まで販売される。

 今年のオータムジャンボのキーワードは「下3ケタ」。これには2つの意味がある。まず1つめは、昨年はなかった「下3ケタ」の抽せんが復活することだ。5等の1万円がそれで、なんと52万本も用意されている。下3ケタの番号を4つ抽せんするので、いつも以上に当せん確認の楽しさが味わえるといえる。

 2つめは、1等を当てるために「下3ケタ」をチェックしよう、ということ。過去にオータムジャンボの1等は20本あるが、167225や159663のように、当せん番号の「百の位」と「十の位」が同じ数字のものが最も多く出ている。連番で買われるかたは、狙ってみてはいかがだろうか。

 なお、今年のオータムジャンボは枚数限定での発売。販売最終日を待たずに完売の可能性もあるので、お早めに!

※女性セブン2014年10月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
オータムジャンボ宝くじ18万台が狙い目と予想したら当たった
オータムジャンボ 当たりやすい組番号は「51組」との予想
1等3億9千万円オータムジャンボ宝くじ 「18万台」が狙い目

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。