ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

川崎ムネリン「代打送られるのも仕事」 発言誇るべきと識者

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今季も多くの日本人メジャーリーガーが活躍した。なかでもその言動で注目を集めていたのが、川崎宗則選手だろう。「ムネリン」としてネットでも人気者だ。しかし単なるお笑いキャラではない。川崎選手に隠された「大人力」について、大人力コラムニスト・石原壮一郎氏が迫る。

 * * *
 MLB(アメリカメジャーリーグ)には、現在、12人の日本人選手が所属。海の向こうの大きな舞台での活躍や、それぞれの状況の中でせいいっぱい頑張ってくれている姿は、私たちに勇気や誇りや喜びを与えてくれます。

 そんな中、野球のプレーだけでなく、大人として果敢に戦ってくれている日本人選手がいます。トロント・ブルージェイズ所属、今年で大リーグ3年目の川崎宗則、通称ムネリン。33歳を迎えた今シーズンは、9月18日現在で73試合に出場し、打率.268、出塁率.332と、そこそこの成績を残しています。

 プレー以上に注目したいのは、大人力に満ちたコメントの数々。以前からお茶目な発言が話題になっていましたが、最近は大人な方向で円熟味を増しています。

 9月17日のオリオールズ戦、それまで2四球を選んでいた川崎ですが、6回2死満塁の場面では代打を出されてしまいました。そのことに対して「チームが一つになって戦っている。代打が送られるのも僕の仕事」とコメント。なかなか言えるセリフではありません。

 会社員の世界でもムネリンの大人力を見習って、落ち度はないのに得意先の担当を若手に変えられたときは、平然と「担当を変えられるのも俺の仕事だから」と言って大人としての器の大きさを見せつけましょう。物書きの場合は、いきなり仕事を切られたときに「切られることも俺の仕事さ。それで次の人が書く場を得られたんだから、本望だよ」ぐらいのことを言いたいところです。ま、痛々しい強がりに響きそうですが。

 前日9月16日のオリオールズ戦も、完敗してライバルの優勝を見届けるという展開になりました。そのときムネリンは「やっぱり悔しいですし、しっかり目に焼き付けるのが僕にとって大事なこと」とコメント。大人のプライドに満ちた素晴らしい心がけです。

 彼に学んで私たちも、妻や彼女が自分に愛想を尽かして別の男性に乗り換えたときは、「しっかり目に焼き付けるのが僕にとって大事なこと」と言いながら、新しい彼とのデートを物陰から……いや、それはさすがにやり過ぎですね。彼女と行った思い出の店や場所をわざわざ訪ねて、しっかり目に焼き付けるぐらいにしておいたほうがいいかも。

 喜ぶときは派手に喜ぶものも、大人のメリハリです。8月31日のヤンキース戦は、川崎が決勝タイムリーを放って4-3で勝利。そのときは「僕が打って、勝ったので最高にうれしい。今日はビールと焼酎がむちゃくちゃうまいと思う。飲みまくるぞ!!」と興奮して叫びました。半端に謙遜しないで自分の手柄だと表明しつつ、お酒の種類を具体的に織り交ぜながら喜んでいるところがミソ。そんな無邪気さが周囲に愛される所以に違いありません。

 アメリカで大人力を炸裂してくれている川崎ムネリン。ああ、なんて誇らしいんでしょうか。これからも発言に注目していきましょう。もちろん、プレーでの活躍も祈りつつ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
オチンコ選手の今季第1号ホームランに「一皮剥けやがって」
ラー油風ラムネ、醤油サイダー、しおサイダーが話題沸騰品薄
川崎宗則 肩も守備も走塁も並だが元気はメジャー級と大人気

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP