ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

39(サンキュー)つく宝くじ売り場 猫飼ってから億当選続出

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋――いえいえ、宝くじの秋ですよ! ついに9月19日から発売される『オータムジャンボ宝くじ』。今年のオータムジャンボは1等・前後賞合わせて3.9億円と、まさに“サンキュー!”な当せん金額が魅力。そこで “サンキュー!”にゆかりのある売り場を探してきました! この売り場で、ジャンボな当せん、夢見ちゃう?

 行ってきたのは、『サークルKサンクス長篠店』(愛知県新城市)。

 2010年のドリームジャンボで1等・前後賞合わせて3億円が当せんしてから、毎年連続して億当せんを出している激ツキ売り場も、名前にサンクス=39が入っているだけじゃない。同店で長年販売員を務めているのが櫻本さんという女性だ。さくらもと…さく…39 !!! というのは、ちょっと強引かもしれないが、こちらのツキっぷりは日本有数といえよう。

「電車が1時間に1本で、山に囲まれたのどかな町にある売り場なんです。なのに、2013年と2012年に連続して、ドリームジャンボで1等・前後賞合わせて1億1000万円の当せんが出たほか、2011年には、年末ジャンボで2等1億円が当たってるんです」(オーナー・田中誠一さん)

 今年はまだ億当せんが出ていないそうだが、田中さんは「うちには招き猫がいるから」と自信満々に話してくれた。

「6年ほど前にどうにかして良い運気をもらいたくて、いろいろ金運スポットを調べたんですよ。そのなかで佐賀県の宝当神社が気になって行ってみたんです。それでお参りの帰りに、宝くじが当たると有名な宝当神社近くの『野崎酒店』に寄ったんです。

 そこには、“福ちゃん”という看板猫がいるんですが、店主の野崎さんに、“福ちゃんに子供が生まれたら、いただけませんか?”とお願いしたら、あっさりOK。で、2009年に譲り受けて。名前は、母猫にあやかって、同じ“福ちゃん”にしました。そこから高額当せんが増えたんですよ」(田中さん)

※女性セブン2014年10月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
宝くじの億当せん・総額21億円当たった静岡の売場に県外客も
宇部市宝くじ売場 1等続出で09年からの高額当選総額13億円
ドリームジャンボ 10年間のデータ見て当選しやすい番号分析

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP