ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

気になる彼に「脈なし」と思われる理由って?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

すごくいい雰囲気で、「あと一歩でお付き合いできそう!」という段階だったのに、急に男子の方がスッと身を引いてしまった…という経験、ありませんか?

【画像や図表を見る】

私はあります!合コンの場で意気投合し、その後何度かふたりで飲みに行ったのに、急に連絡が来なくなってそれっきり。彼からの告白を今か今かと待っていた私は、完全に肩透かしを食らいました…。後日、風の噂で聞いたところ、「脈がないと感じたから引いた」とのこと。ええ~!あんなにいい雰囲気だったのに!?男心ってわからない…。

ちなみに20~30代の女性にも「いい雰囲気になり、あとは告白待ちという段階だったのに、男性がスッと身を引いてしまったという経験はある?」と聞いてみたところ、19%の人が「ある」と回答。なぜ身を引いてしまったのだと思いますか?

●「いい感じだったのに、照れくさくて自分から何も動き出せなかったから、自然と疎遠になってしまった。私が緊張している姿が相手に対して興味なさそうに見えたらしい」(31歳)
●「自分からアプローチをあまりせずに受け身の状態でいたら、連絡が減っていった。もう少し自分から動いていたら状況は変わっていたかも…と後悔」(27歳)
●「意識してしまってうまく話せなかったので、冷たく、気のない態度と取られたかもしれない」(28歳)
●「告白待ちしている間に、他の女に取られてしまった。世の中は弱肉強食なのだと学び、自分も肉食にならないといけないのだと思った」(26歳)

なるほど~!私と同様、こちらからアプローチしないで、男子からの告白を待っていたパターンですね!やはりいい雰囲気になったら、こちらから仕掛けた方がいいのでしょうか。いやでも、女子側からガンガンアタックしたらますます引いちゃうのでは?う~ん、悩ましい!心理コーディネーターの織田隼人さん、こういう場合どうすればいいのでしょう?

「男性は、女性が自分とのデートや会話を楽しんでいるかどうかで、脈のある・なしを判断するケースが多いですね。女性が楽しそう、嬉しそうだと感じると、告白などの行動に移しやすくなります。しかし、女性の中には、楽しんでいるのになかなかそれを表現できない人もいます。男性からすると『相手に楽しんでもらえるよう頑張ったけれど、ムダな努力だったみたいだ。もういいや』と気持ちが冷めてしまうのです」

好意を持った男子に対しては緊張してしまい、感情を表現できなくなる女子も多いのですよね…恋する乙女心、わかってほしいわ~!

でも、ふたりの関係がまだホットなうちに、男子から告白してもらうように仕向けることができれば、全ては丸く収まると思うのですが(笑)。そのために女子ができることってありますか?

「ふたりの距離が近づく過程においては、男性は接待役に徹して盛り上げようとするケースが多いと思いますが、一方通行のままだとどうしても気持ちが冷めてしまうもの。女性からも、相手を楽しませる努力をすることが必要です。例えば、相手の行きたいところに付き合って、一緒に楽しむ姿を示すといいでしょう。そして、相手への好意をできるだけわかりやすく示してください。男性は、女性が考えている以上に鈍いうえに、『告白を断られる可能性があるならば諦める』と考えてしまうほど慎重な動物。例えば『◯◯君のそういうところ好きだな』、『◯◯君と付き合えたら楽しいだろうな』など、告白なのでは?というくらいまでのことを言ってあげれば、安心して告白してくれますよ」

こちらからわかりやすく好意を示して、告白のきっかけを与えなければいけないなんて、イマドキの男子って、なんて怖がりなのっ(苦笑)。とはいえ、せっかく意気投合できる男子に出会えたのだから、“待ちの姿勢”でチャンスを逃すのはもったいない!ぜひ、女子側で環境を整えてあげましょう♪

【取材協力】
織田隼人さん
心理コーディネーターとして活動。男女の心理の違いを広める。著書に『愛でセックスを買う男・セックスで愛を買う女』、『彼に浮気をやめてほしい貴女へ』などがある。

記事提供/『セキララ★ゼクシィ』
(R25編集部)

気になる彼に「脈なし」と思われる理由って?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

「彼女諦め男子」50%超のホンネ
美女の印象、最多は「ワガママ」
“軽い女”の印象は色で決まる?
“ノーメイク”は恋のチャンス!?
突然叫ぶ?「金魚草系男子」登場

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。