ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秋の味覚を自宅で収穫!『しいたけ栽培キット』に挑戦しよう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

秋の味覚といえば、きのこ。山登りやキャンプなどのアウトドア遊びが人気の昨今、山できのこ狩りを楽しむ人も増えているとのこと。また、以前流行したきのこを育てるゲームアプリの影響もあってか、キャラクターとしても注目を集めている。

きのこ狩りやゲームを楽しむのももちろん良いが、実際に自宅できのこを栽培できるとしたら楽しいのでは? 最近では自宅で簡単にきのこを栽培できる栽培キットが多数販売されているのでご紹介したい。

数あるきのこ栽培キットのなかでも、特に人気があるのが、しいたけ。でも、上手に育てられるかどうか不安だという人も多いだろう。ということで、今回はきのこの栽培キットを販売している「森のきのこ倶楽部」の松井さんに、しいたけ栽培キットでの栽培のコツを聞いてみた。まず、本当に初心者でも上手に育てられるのだろうか?「数あるきのこのなかでも特にしいたけは簡単なので、誰でも育てることができると思いますよ。最初は袋に入っている状態ですが、袋を破った刺激で徐々に芽を出しはじめ、3日程度で大きくなります」

なんと、そんなに簡単なのか! では、栽培するのに適している時期、注意点などはあるのだろうか?「一度収穫して、次の収穫を迎えるには特に気温と湿度が重要ですね。気温は10〜20℃の間くらいで、昼間と夜の寒暖差があるとなお良しです。大体10〜4月くらいであれば、室内でも自然とそうなることが多いので、時期的にはベストだと思います」

一度収穫した後の育て方は前述した「森のきのこ倶楽部」のサイトを参照していただくとして、上手に育てれば一つの菌床から3〜4回くらい収穫することができるのだそう。

育てる楽しさと食べる楽しさの両方を味わえるのが、きのこ栽培キットの醍醐味。実際に数回収穫できればしっかりと元も取れちゃうので、一度チャレンジしてみてはいかがだろうか。●取材協力
森のきのこ倶楽部
HP:http://www.rakuten.co.jp/drmori1/
元記事URL http://suumo.jp/journal/2014/09/19/69565/

【住まいに関する関連記事】石狩鍋や秋鮭のクリーム煮。ご当地メニューが楽しめる小樽市の給食
自宅が高級ホテルの香りに!? 富士屋ホテルの香りの秘密とは?
食べてもOK。飾ってもOK。誰でも簡単に育てられるスプラウトの魅力
家で日本酒をつくるのは税法上NG。では家でつくれるお酒ってなに?
癒やし効果抜群!? 自宅で手軽に楽しめるミニ盆栽

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP