ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

iPhone 6とiPhone 6 Plusをフルに楽しめるのは?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

CA、WiMAX 2+、プラチナバンドLTEと、最新の通信機能が全部入り

9月19日に発売されたiPhone 6とiPhone 6 Plus。画面の大型化、よりパワフルになったプロセッサー、写真だけでなくビデオ機能も強化したカメラなど、iPhone史上最大の進化を遂げているが、中でも注目したいのが通信機能。iPhone 6とiPhone 6 Plusは最新の通信機能を新たに搭載しているのだ。プラチナバンドの800Mhz LTEに対応しているのはもちろんのこと、受信最大150Mbpsと安定して高速な通信を利用できるCA(キャリアアグリゲーション)にも対応。さらに、2.5GHz帯のTD-LTEも利用できるようになっており、これまでとは比べものにならない快適な使い心地を実現している。

そして、国内で唯一、iPhone 6とiPhone 6 Plusに新たに採用された最新の通信機能をすべて利用でき、「速い」「広い」「つながりやすい」通信を実現してくれるのがauのネットワークだ。

iPhone 6とiPhone 6 Plusをフルに楽しめるのは?

2つの矢印を使って、キャリアアグリゲーション(CA)を説明するKDDIの石川専務 =9月12日、ホテルメトロポリタンエドモント(東京都千代田区)

まずはその「速さ」の理由を説明しよう。auでは、昨年3月から、2.1GHz帯の一部のエリアで受信最大150Mbpsの高速ネットワークを提供しているのに加え、今年5月からCAも順次導入。CAでは、2.1GHz帯と800MHz帯の2つの周波数帯の電波を束ねて利用するので受信最大150Mbpsの高速通信を実現するとともに、どちらかの周波数帯の電波が混み合っていても、もう一方の周波数帯で快適な通信状態を維持できる。150Mbps対応基地局は、9月10日に1万局を突破、今年12月末までには約2万局へ拡大予定だ(いずれも2.1GHz帯単独での対応基地局、CA対応基地局の合計)。さらに、auのiPhone 6とiPhone 6 Plusでは、2.5GHz帯のTD-LTEに準拠した、受信最大110MbpsのWiMAX 2+も利用できる。まさにダントツの速さを体感できるはずだ。

次に「広さ」では、auのLTEネットワークは、今年8月末時点で、つながりやすいプラチナバンドの800MHz帯が人口カバー率99%を達成している。昨年9月末の97%と比べると、わずか2%のアップだが、その2%の差のために整備したエリアの広さは4.4万K㎡と東京都約20個分に相当する。auのエリアは、既にほとんどつながらないところがないところまで広がっているため、それをさらに広げるためには、とてつもない努力が必要になるのだ。iPhone 6とiPhone 6 Plusで利用できるもうひとつの周波数帯である2.1GHz帯の人口カバー率も、昨年9月の77%から91%にと急速に広がっている。

iPhone 6とiPhone 6 Plusをフルに楽しめるのは?

クリックで拡大

iPhone 6とiPhone 6 Plusをフルに楽しめるのは?

クリックで拡大

さらに、LTEの海外ローミングでは、9月15日には、中国、イタリア、ニュージーランドでの提供を開始。合計29カ国・地域と、auは国内事業者最多の地域で提供しており、これらの国・地域で日本人海外渡航者の約8割をカバーしている。iPhone 6とiPhone 6 Plusは、これまでより多くの周波数帯に対応しているため、世界各国で高速なLTE通信を利用できるが、auなら海外でも広いLTEエリアを利用できる。

そして「つながりやすさ」では、auは「LTE維持率」(通信中にLTEから3Gに切り替わってしまわず、LTEでつながり続けて通信を完了できる割合)が、9月7日時点で実に99.5%に達している。高速なLTEから低速な3Gに切り替わってしまうのは200回に1回だけという計算になる。まさに、LTEにつながりっぱなしで快適に利用できるということだ。

iPhone 6とiPhone 6 Plusは、「速い」「広い」「つながりやすい」auのネットワークで使ってこそ、その進化を実感できるといっても過言ではないだろう。

auだけのコンテンツ楽しみ放題サービス。おトクなキャンペーンも

サービスやサポートに目を向ければ、iPhone 6とiPhone 6 Plusでも、ウェブコンテンツや音楽、電子ブック、アニメなどを楽しみ放題な「auスマートパス」「うたパス」「ブックパス」「アニメパス」「Disney pass」などのサービスを利用できるのも、auにしかない魅力だ。「auスマートパス」に加入していれば、万一の故障時も、Appleの補償サービス「AppleCare+」の修理サービス料をauが負担してくれるのもうれしい。また、「auスマートサポート」に加入すれば、専任チームのアドバイザーが使い方や疑問などを電話で徹底サポートしてくれるほか、専門スタッフが自宅に来て利用方法をサポートしてくれる「スマホ訪問サポート」も利用できる。「auスマートサポート」を6カ月間利用できるチケットをプレゼント用に購入することもできるようになったので、iPhone初心者の家族がいても安心だ。

料金でもiPhone 6とiPhone 6 Plus発売に合わせてさまざまなキャンペーンを実施している。音声通話定額に加え、細かなデータ通信定額料金の設定で、一人ひとりのニーズにマッチする料金プランを選べるauの料金プラン「カケホとデジラ」では、iPhoneを使っていれば、最大13カ月間、月間データ容量が1GB増量される「iPhoneデータ増量キャンペーン」を行なっている。さらに自宅の固定通信と組み合わせて利用できる「auスマートバリュー」を加えれば、よりおトクにiPhoneを利用することができる。「auスマートバリュー」は、住所が別の50歳以上の家族も新たに割引対象に加わったため、離れて暮らす家族もおトクに利用できるようになった。

MNPを利用して、iPhoneをはじめ、4G LTE対応のauスマートフォンを新規契約すると、「カケホとデジラ」で契約すれば1万円分をau WALLETにチャージ、「LTEプラン」と「LTE フラット」で契約すれば「LTEプラン」の月額基本料が最大2年間無料になる「auにかえる割 Plus」も実施されている。それまで使っていた、iPhoneをはじめとする他社スマートフォン、携帯電話も24,840~43,200円相当で下取りしてくれる。

また、機種変更でiPhoneを購入する場合に利用できるau携帯電話の下取りプログラムでは、9月19日から、iPhoneの下取り価格が大幅にアップ。10月31日までなら、iPhone 4Sで23,000~24,000円相当、iPhone 5では32,000~34,000円相当がau WALLETポイントで還元される。iPhone 5sとiPhone 5cも下取りプログラムの対象に加わった。

auショップ店頭でau WALLETカードを専用端末にかざすと抽選で5~3,000ポイントがプレゼントされる「au WALLET ウェルカムガチャ!」でも、iPhone6発売を記念して、9月12日から11月30日まで、3,000ポイントが当たると6倍の18,000ポイントをプレゼントするキャンペーンを実施している。

※iPhoneはApple Inc.の商標です。
※iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
※金額はすべて税抜です。

関連リンク(外部サイト)

au 製品ページ
au「スマホは、速さで選べ。」ページ
au 「iPhone キャンペーン・割引特典」ページ
「au +1 collection」iPhone 6、iPhone 6 Plus向けにau 独占・先行60アイテム以上を含むアクセサリーを発売

※掲載されたKDDIの商品・サービスに関する情報は、掲載日現在のものです。商品・サービスの料金、サービスの内容・仕様などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

iPhone 6の発表にもあった「キャリアアグリゲーション」って何?
驚異の130Mbps超えも! 東京タワーでCAの”爆速”を体感
真の「つながりやすさ」を実感してもらうために 屋久島・世界自然遺産登録地域のLTEエリア化に成功

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。