ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ちょっと柳沢慎吾の顔がよぎったw」ある野菜のネーミングがtwitter民の間で話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

我々が普段目にする様々な商品のなかには、不覚にも思わず吹き出してしまいそうになる、実に個性的な名前のものも数多く存在している。

これはあるユーザーによって投稿された「ニラ」を写したもの。しかしそこにプリントされた商品名は、「達者de菜」。「達者でな」というフレーズの「な」と「菜」をかけて、さらには野菜によって栄養をとり、いつまでも達者でいることへのメッセージなども感じとられるこの名称だが、どこにも「ニラ」とかかっている部分がないように見えるため、多くのユーザーに戸惑いと笑いを与えたようだ。

「吹いた(こういうのに弱い)」
「ちょっと柳沢慎吾の顔がよぎったw」
「僕はこういうのマジで好きですよ」
「うちの近くのスーパーのニラは、やなせたかしさんのデザインしたニラコさんがいますw」
「こちらには「食べてみん菜」が」

…と、産地が地元だというユーザーからは気恥ずかしさを、他の地域に住むユーザーからは、「うちの地元でも似たようなものが…」という声が相次いだこの商品であるが、生産者の皆さんには、どうか、「恥ずかしい」「やめてほしい」といったネガティブな意見に負けることなく、いつまでもお達者で、良質の作物をお作り頂きたいものである。

文・今岡憲広

■参照リンク
参照元 
https://twitter.com/sasanbee/status/510004363939434496/photo/1 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP