ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デザイナー・生見臣司の多彩な表現

DATE:
  • ガジェット通信を≫

生見臣司の職業はデザイナー。建築、プロダクト、ウェブ、空間…。あらゆる表現手法を用い、国内外の様々なコンペを勝ち抜いてきた。2012年には高級車ブランドINFINITI主催の国際デジタルアートコンペティションで優勝。3D映像を用い、車体に火や水、製造パーツなどのエレメントを投影させながら物語を紡ぎだす手法で、71カ国531人の頂点に立っている。

【動画や画像を見る】

「海外のコンペは特に、デザイナー自身の主張が求められます。とはいえ、ただ奇をてらうのではなく、背景にあるロジックやストーリーの組み立ても重要になる。そこは日本人の得意な部分かもしれません。INFINITIの時も、車が持つ哲学を魅力的なストーリーでロジカルに作りこんだ結果、3Dマッピングという手法にたどり着きました」

ただ、それまで本格的な3Dマッピングは未経験。ソフトをそろえることから始め、1カ月で形にした。

「表現したいイメージが先にあって、それを叶えるために必要な技術は後から考える。デザインは手段であって、それ自体が目的じゃない。映像だろうがウェブだろうが表現媒体にこだわりはないんです」

多彩な表現の一方で、デザイナーとしての流儀はシンプルだ。

「誰もやっていないことを表現したいという想いは常にあります。時代や発注者のニーズは押さえつつ、独自のロジックを出すのがデザイナー。大量に消費される人マネのようなデザインではなく、独自の表現で社会にたずさわりたいですね」

生見臣司
Shinji Nukumi

榎並紀行(やじろべえ)=取材・文


(R25編集部)

デザイナー・生見臣司の多彩な表現はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

タップダンサー熊谷和徳のスゴ技!
世界一のパン職人・長田さんの技巧
世界一のファンタジスタ徳田の大技
「カーデザインスクール」って何?
ろくろ回しの次は考える人ポーズ?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP