ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPhone専用防水スプレー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

どこに行っても役に立つiPhoneだが、防水機能を兼ね備えていないため、アウトドアで使用する際は、水中に落としたり、濡らしたりしないよう細心の注意が必要だ。しかし、そんな時でも、iPhone専用防水スプレー「Impervious(インプレビアス)」があれば安心。

同商品は、iPhone用に設計された防水スプレーキット。iPhoneに噴射するだけで、最先端ナノテクノロジーを採用した特殊液が付着し、皮膜を作り出して水分の侵入を防いでくれる。皮膜の厚さは、人間の髪の毛の1,000分の1。この非常に薄い膜がiPhoneをコーティングするのだという。

デバイスに満遍なくスプレーを吹きかければ、最長で3年間、防水機能をキープ。また、深さ1メートルの水中に沈めても、最大30分間、デバイスの内部への水の侵入を防いでくれる。

同商品のWebサイトにあるデモンストレーション動画を確認する限り、端末をトイレに落としたり、ジュースをこぼしたりしても問題なく使用できている。さらに、端末を滝に打たせても故障せず、使い続けることができるようだ。

このスプレーは、水分の侵入を防ぐだけでなく、損傷やキズからも保護してくれる。動画では、カッターでiPhoneの画面を削っているシーンもあるが、驚くことにキズがひとつもついていない。

防水、防傷効果のある「Impervious」。これさえあれば、フィルムやカバーは必要なくなるかもしれない。料金も29.95ドル(約3,000円)ととてもリーズナブルで、同サイトから購入可能だ。
(R25編集部)

iPhone専用防水スプレーはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

iPhone6予約前のチェック点
iPhone6ネット上の反応は?
「キャリアアグリゲーション」とは?
水没したスマホを復活させるグッズ
スマホ水没、プロ直伝の応急処置法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP