ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Androidユーザー向け】Glympseから位置情報を貼付できるキーボード登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

位置・移動経路をリアルタイムに共有できるアプリGlympse。相手を指定して時間限定で自身の居場所や、どこに向かっているのかなどを公開することができるというもので、待ち合わせに便利と人気だ。

そのGlympseから、Glympseユーザー向けにキーボードアプリ(Android版)がリリースされた。このキーボードでメッセージやメール入力すると、自動的に位置情報が貼付されるというものだ。

使い方としては、「いまココ」と相手に居場所を伝えたいときにこのキーボードでメッセージやメールをタイプすると、あなたがそのメッセージをどこで入力して送信したのかを相手に知らせることができる。

例えば、友達との待ち合わせ場所に車で向かう途中、このキーボードを使って「渋滞にハマってます」などとメッセージを送れば、受け取った友達はリンクを開いてあなたがどの地点にいるのかが正確にわかり、そして到着までまだ時間がかかりそうだな、などと推測できるというわけだ。

このキーボードはどのメッセージやメールのアプリでも使え、普段利用しているキーボドードアプリがあっても「Glympse keyboard Quick send」を選択して使用時間を15分、1時間と限定して利用することが可能だ。

「Quick send」ではなく「Full keyboard」を選べば、入力するメッセージ、アプリすべてに位置情報リンクが付く。

現在地情報を入力する手間が省けるこのアプリ、家族に「今から家に帰ります」のメッセージを送る時、旅先で写真を撮って友達に送る時などに便利そうだ。ダウンロードは無料。

Glympse keyboard/Google play

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP