ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android Lの正式版では「端末の暗号化」がデフォルト有効に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android の次期バージョン「Android L」では「端末の暗号化」オプションがデフォルト有効になっていると、ワシントンポストが Google へのインタビューで明らかになったと報じました。Android の「端末の暗号化」は、2011 年より提供されているセキュリティ機能で、これまではデフォルト無効であり、利用するには設定メニューで切り替える必要がありました。それがデフォルト有効になるので、Android L で発売された機種の場合は開封時には暗号化済み、また、OS のバージョンアッププロセスでも自動的に暗号化処理が行われるそうです。今回の方針変更について Google の広報担当者 Niki Christoff 氏は、「当社は3年以上にわたってAndroidの暗号化機能を提供してきました。鍵はデバイス内に格納されないので、端末のデータが法的機関と共有されることはありません。」と語ったそうです。同氏はまた、「暗号化は次期Androidリリースでは開封時に有効になってますので手動でONにする必要もありません。」とも語ったそうです。この機能をデフォルト有効にしたのはセキュリティを向上させる以外にも、NSA によるデータ収集をはじめとした国家機関によるスパイを防止するためでもあるようです。Source : ワシントンポスト


(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy S 5とGalaxy Note 4のAndroid Lアップデートが11月末~12月初旬に開始されるという噂
ヤフー、きせかえ・マッシュルーム対応・豊富な顔文字が特徴のAndroid用 日本語キーボードアプリ「KeyPalet」をリリース
Sony Mobile、画面がチラつく問題を修正したアルバムアプリ 6.3.A.0.12を配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP