ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

銀座で60年以上愛され続ける味につるの剛士、井森美幸、水卜麻美らが舌鼓!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月17日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系、毎週月~金曜午前11時55分)では、「東京駅から東京タワーまで裏道を歩く!(前編)」と題して銀座・新橋・虎ノ門周辺を紹介。タレントのつるの剛士さん、井森美幸さん、アナウンサーの水卜麻美さんらが銀座にある「銀座ニューキャッスル」(東京都中央区)を訪れた。

同店の名物メニューが「カライライス 蒲田(普通盛り)」。外見は普通のカレーのようだが、実はショウガやクコの実など、10種類の野菜や果物をカレーに溶け込ませた一品だ。最大の特長は具材に肉を使わないことで、肉の代わりに5時間煮込んだ豚骨スープを加えることで味にコクを出している。また、仕上げに10種類のスパイスを加えて一晩寝かせることで、辛いが深みのあるどこか懐かしい味となる。

つるのさんは「カライライス 蒲田(普通盛り)」を口にすると「うまい! ものすごく味はマイルドなんだけど、ピリッとスパイスが効いていて深みがあります」と絶賛。続いて井森さんが「辛い! じんわり汗をかきそう」コメント。水卜さんも「普通のカレーとはコクが違う」と驚いた様子で語っていた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:銀座ニューキャッスル(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:銀座のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:カレーのお店紹介
ぐるなび検索:銀座×カレーのお店一覧
銀座で60年以上愛され続ける味につるの剛士、井森美幸、水卜麻美らが舌鼓!
小泉遥が絶賛! エスプレッソ、抹茶、アイスが奏でる彩りと味わいのアンサンブル

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP