ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クリスチャン・ベイルも共演を熱望 『ファーナス』ケイシー・アフレックの迫真演技

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クリスチャン・ベイル主演によるクライムドラマ『ファーナス/訣別の朝』。AOL Newsで7週連続で登場キャラクターを紹介する連載も、残すところあと2回となったが、そんな6回目に登場するのが、ケイシー・アフレック演じる主人公ラッセル(クリスチャン・ベイル)の弟、ロドニー・ベイズだ。

名前からもおわかりのとおり、ケイシーはあのベン・アフレックの実弟。12歳の頃から子役として活動し、『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』(97)で兄ベンと共演、その後も着実にキャリアを積み、2007年、ブラッド・ピットと共演した『ジェシー・ジェームズの暗殺』でジェシー・ジェームズを暗殺する卑怯な小心者ロバート・フォードを演じ、アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞など各賞の助演男優賞にノミネートされ、批評家だけでなく、世界の映画ファンから注目される存在になった。その後も多くの作品に出演し、心に残るパワフルな演技で主演俳優としての地位を確立している。

そんなケイシーが本作で演じるロドニーは、父や兄と同じように製鉄所で働くことを嫌い、軍に入隊。しかしイラク戦争派兵という4度にわたる過酷な任務から戻った彼は、肉体的、精神的に疲弊し、その反動から危険なストリートファイトへのめり込んでいく。その姿は、1978年に公開された名作『ディア・ハンター』で、クリストファー・ウォーケン演じるニックがベトナム戦争での過酷な経験の後、引き金に命を賭けるロシアンルーレットに身を投じていく姿に重なるようだ。

ケイシーは、ロドニーを演じるにあたって、ボクシングコーチやファイトコーディネーターと数ヵ月間の厳しい訓練を積み、一週間にわたる泥の中でのリアルな試合を経験したという。その努力と意気込みは、作品の中で鬼気迫る壮絶なリアルファイトを生み出している。戦争時の記憶に苛まれ、経済の破綻した故郷で新しい職も見つけられない閉塞感の中、ロドニーに待ち受ける暴力という闇とは…。

「ロドニー役にケイシーは絶対だと、スコット監督と話し合った」とクリスチャン・ベイルからも共演を熱望されたケイシー・アフレックが、全身全霊で挑んだ、深く胸に突き刺さる迫真の演技は必見である。

『ファーナス/訣別の朝』は9月27日(土)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー

■ケイシー・アフレック プロフィール
1975年8月12日、アメリカのマサチューセッツ州ファルマスに生まれる。12歳の頃から子役として活動し、『誘う女』(95)で映画デビュー。同じく俳優である兄ベン・アフレックとは、『チェインシング・エイミー』『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』(共に97)、『200本のたばこ』(99)などで共演。『オーシャンズ11』(01)以降、オーシャンズ・シリーズでは、オーシャン一味の運転係、マロイ兄弟の兄バージル役でレギュラー出演する。『ジェシー・ジェームズの暗殺』(07)ではジェシー・ジェームズを暗殺するロバート・フォードを演じて、アカデミー賞(R)やゴールデン・グローブ賞(R)の助演男優賞にノミネートされた。その他の主な出演作は『GERRY ジェリー』(02)、『ゴーン・ベイビー・ゴーン』(07)、『容疑者、ホアキン・フェニックス』『キラー・インサイド・ミー』(共に10)など。待機作にはクリストファー・ノーラン監督作『インターステラー』(14)がある。

(C)2013 Furnace Films, LLC All Rights Reserved

【参照リンク】
・『ファーナス/訣別の朝』公式サイト
http://furnace-movie.jp/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP