ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「トリガー」「ダイバーシティ」って何?仕事上で使われる意味不明な「カイシャ語」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「9月までに消化せよ!」と言われても当然のように「夏休み」なんて取れていないオレたちは、今日も当たり前のように会社に身を捧げる。苦しい状況下でも変わらずに働き続ける姿勢こそ、ハードワーカーズ。今日も残業時間が楽しみで仕方がないはずだ。そんなみんなに質問だ。「トリガー」や「ダイバーシティ」といった言葉を、仕事中に聞いたことはあるか?

これらは仕事上で使われる、いわゆる「大人言葉」のようなもの。とはいえ、「聞いたことはあるけど、よく意味がわからないから使ったことはない」といった人も少なくないはず。普段知ったかぶりをしてしまいそうな”仕事上で使われる大人言葉”を解説している本を発見した。

書籍『カイシャ語』は、社会人のモノ言い560語を収録した一冊。会議、プレゼン、営業メール、議事録で使われているあれこれが全網羅されているぞ。

例えば、トリガーとダイバーシティ。

■トリガー
きっかけ、引き金の意味。「お客様の怒りを爆発させるトリガーとなった」という使い方ができる。

■ダイバーシティ
多様性のこと。さまざまな国籍の人、男女が入り混じっていること。一言でいえば、「みんな違ってみんないい」と考え、多様性を受け入れること。

■レバレッジ
てこ。レバレッジ効果とは、てこの原理のように、最小の努力で最大の効果を発揮すること。

■バイアス
偏見。情報がゆがむことを「バイアスがかかる」と言う。

■カタルシス
心がスッキリすること。

■ハイブリッド
異なるものを組み合わせたもの。

■リテラシー
読み書きできる力。情報リテラシーという使い方が多いが、○○テラシーは「○○について使いこなせる力」と考えると良い。

しっかり、大人言葉を身につけ、会話に「トリガー」「ダイバーシティ」を取り入れ、デキる社畜として働いてみないか?

【書籍情報】
『カイシャ語』(小学館) 福田稔著Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP