ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「韓国で日本の小学生が『軍艦、朝鮮、ハワイ!』と軍艦ジャンケン」 みんなの党・松田公太議員のブログが話題に

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

9月18日、みんなの党所属の参議院議員で、タリーズコーヒージャパンの創業者でもある松田公太議員がオフィシャルブログに「韓国での軍艦ジャンケン」というエントリーをアップした。

仁川空港で見かけた日本人の小グループ。
小学生の子供たちが大きな声で「軍艦、朝鮮、ハワイ!」と軍艦ジャンケンをしていましたが、はたして親御さんたちは意味を教えているのか不思議になりました。
(近くにいた年配の韓国人は明らかに軍艦や朝鮮という言葉に反応していました)。

http://ameblo.jp/koutamatsuda/entry-11926636160.html [リンク]

というもの。韓国の偏向教育には問題があるが、日本も太平洋戦争などに関する教育が少なすぎると松田議員は指摘し、

客観的かつ自分たちに考えさせるような教育がされていたとしたら、その該当する国で軍艦ジャンケンはしないのではないかと思ってしまいます。

と語る。松田議員(‏@matsudakouta)は、『Twitter』にてブログの更新を報告。



そのツイートに対して、

「まだ、やっているのですね。私の子ども達も遊んでいましたが、意味を説明してやめさせました。親の知識が足りないのかもしれませんね。」
「松田さんは【そこまで気にする必要は無いと思われるかもしれませんが@matsudakouta 】と柔和ですが、絶対的に気にするべきだと思いますね。須らく人の心を逆撫でする所業は自ら慎しみ子供に垂範するのが大人の嗜みなのですから。安倍にはその慎みも嗜みもなく隣国の心を逆撫でしている。」

という返信があったり、

「韓国の現実は、長く交流しないと理解できません。捏造歴史観による反日で無ければ暮らしにくい社会と、歴史の真実を知る生き字引、金を得ようとするだけの嘘つき、反日を徹底させる政府や従北者など、日本とは全然違います。同じ文化としてみないことです。」
「その時にあんたが注意すればいい話。それともみんな党お得意の虚偽ですかね?」

という返信があったりと、さまざまな反応が寄せられているようである。

※画像は『松田公太オフィシャルブログ』より

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP