ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大人の脳トレにも!中学3年分の数学を網羅した「さわって動く」教材アプリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

図形問題や方程式、グラフの出現によって、格段に難しくなる中学の数学。小学校では好きだった算数が、中学に入ったとたん、きらいになった、という子どもの声も多く聞くという。

苦手意識を払拭するには、「図形=難しい」というイメージをなくすこと。それを実現したのが、さわってうごく教材「AQUAアクア」である。

「AQUAアクア」は、直観的なタッチ操作で、3D表現された空間図形などを自由に動かし、数値を変えながら試行ができる「シミュレーション型」の教材アプリ。もともと会員登録者限定のタブレット端末アプリだったものを、このほどiPad / iPhone用に公開。塾や学校関係者のみならず、個人でも購入できるようになった。

「AQUAアクア」では、中学以降の数学で苦手にしやすい文章題やグラフ、図形の習熟に不可欠な内容を、イメージで深く理解できるよう工夫。近年の学習指導要領で重視されている「思考力」「表現力」を育てるのに非常に適したコンテンツとなっている。

例えば、紙面ではなかなかイメージできない立体も、3次元の空間図形によって、自由に動かせるし、値を設定しながらグラフや図形に触れることも可。展開図や切り口を何度も作れるのも、デジタルならでは。実物にさわっている感覚で、楽しく学ぶことができる。

インタラクティブなコンテンツは、数学ギライを自負する大人にもぴったり。通勤時間を利用して、脳トレ気分で挑戦するのも、また一興だ。

AQUAアクア 公式サイト

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。