ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【書評】余命2ヶ月宣告された男性の実話に基づく半生綴った書

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書評】『小森谷くんが決めたこと』中村航/小学館/1512円

【評者】内山はるか(SHIBUYA TSUTAYA)

 本作はある30代前半男性の実話をもとに彼の半生を綴った、ちょっと変わった物語です。作者の前に現れた小森谷くんは〈僕、お医者さんに、余命2ヶ月って言われたんですよ。でも生き残っちゃいましたけど〉と言って、はにかむように笑います。一見普通のようですが、いやいやこれ普通じゃないでしょ。

 夢中になると周りが見えなくなってしまう小森谷くん。呑気で、生真面目。単純で思い込みも激しい。そして、小森谷くんは“フラれるベテラン”でもあります。

 1人の男の子が生まれて、やんちゃして、恋してふられ、夢見て破れ、そしてまた夢見て、いろんな人に出会って大人になっていく──こうして1人の人生を読んでいると、ものすごく親近感が湧いてきます。

 母親のこと、家族のこと、友達のこと、その年起こったことや流行、時代背景は私の世代とは少し違うのだけど、何故か重なってきます。なんだかまるで私も小森谷くんと長年友達のような気すらおきてきます。そしてどうしようもなく彼への親近感と愛おしさが込み上げてくるのです。これほど主人公を愛おしいと思える小説があっただろうか! それにしても、自分の半生が小説になるってどういう気持ちだろう。ちょっと恥ずかしいけれど…でも羨ましくも思えるのでした。

 本作の冒頭に「茫漠とした表情を浮かべた長身」の担当編集者が描写されます。私はこの担当編集者とお会いしたことがあり、茫漠とした(=ぼんやりして、つかみどころがないさま)表情というズバリな形容に大きく頷きつつ、2人のやり取りを思うと、吹き出してしまいました。

※女性セブン2014年10月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
冨永愛 塩谷瞬以前に山本太郎と交際も原発問題が影響し破局
キスマイ藤ヶ谷太輔 木村拓哉に”メル友になってください”
母の実家が寿司店の小森純が絶賛! 東京・六本木の回転寿司

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP