ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

9月の横浜DeNA 驚異の代打成功率は中畑采配の成長の証か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 初のクライマックスシリーズ(以下、CS)進出に向けて、3位・阪神を追いかける横浜DeNAベイスターズ。3、4月は7勝18敗と大きく負け越し、出遅れたが、以降は月間5割以上をキープ。8月には貯金4を作り、4位に浮上。CSも夢ではなくなってきた。

 躍進の背景には、新人・三上朋也のクローザー抜擢、山口俊の先発転向、ベテラン・三浦大輔の復活と、投手陣の安定が挙げられる。打線は、5年目の筒香嘉智がついに覚醒。6月にキューバからグリエルが加入し、より一層厚みを増した。

 そうしたなかで、最近、中畑清監督の代打起用が光っている。9月に入ってから、代打の成績は23打数10安打3四球(15日現在)。打率4割3分5厘をマークし、出塁率は5割6分6厘と驚異的な成功率なのだ。

 3連敗で迎えた7日の広島戦では、2点ビハインドの6回ウラ、2死ランナーなしから、代打・松本啓二朗が二塁打。続く代打・下園辰哉がセンター前タイムリーで1点差に迫る。7回にも、代打・後藤武敏が三塁ベースに当たるラッキーな内野安打でチャンスを拡大させ、代打・金城龍彦がセンター前タイムリーを放つなどして、逆転に成功。8回に登場した、この日5人目の代打・柳田殖生がセンター前ヒット。なんと代打5人がすべてヒットを放ち、逆転勝ちをおさめた。

 9月15日の中日戦でも、代打4人を送り出し、3人がヒット。最後の代打となったトニ・ブランコはサヨナラ本塁打を放った。

 なぜ、中畑監督の代打策はこうも的中するようになったのか。スポーツライターはこう分析する。

「昨年やシーズン序盤までは消極的な采配が見られ、ラミレスやモーガン(ともに昨季限りで退団)を残したまま、試合が終わることもあった。『なぜ、ここで代打を出さないのか?』と疑問に思うシーンがたくさんありました。

 しかし、今年は積極的になっている。終盤の8、9回まで代打を出し惜しみせずに、6、7回辺りで勝負に出るケースも多々見受けられる。継投全盛の今、後ろに行けば行くほど、球も速く変化球も切れる投手が出てくる。そのなかで、6、7回は先発が疲れてきたころだったり、クローザーに比べれば格の落ちる投手が出てきたりする場面。そこで、代打攻勢で勝負に出るので、結果が出ている。選手だけでなく、中畑監督の采配も成長しているといえます。

 また、代打が成功するのは、監督と選手の考えが一致している証拠でもある。選手が『ここで出るの?』と疑問に感じれば大抵凡打になる。『ここは俺だろ』と選手が思ったところで、監督から指名を受ければ、いい状態で打席に入れる。出番のタイミングが決まっていれば、準備もしやすく、高い成功率になる。監督と選手の意思がピタリと合っていて、チームが一丸になっている証ともいえるでしょう」

 今年も開幕直後の低迷さえなければ、CSどころか、優勝争いに加われたであろうDeNA。積極的な采配になった中畑監督のもと、来季は優勝を狙えるほどのチームになりつつある。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
プロ野球前半戦 最も代打送られたのは36回の西武炭谷銀仁朗
短期決戦に特化「代打の神様」だけでWBC代表を選んだら?
DeNAラミレス 二軍の優勝争いを牽引する活躍も一軍復帰は?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP